No.162『ドレミファ娘の血は騒ぐ』

公開年:1985年
監督:黒沢清
脚本:黒沢清、万田邦敏
ジャンル:80年代だなあ。エロは足りないポストモダンバカエロ映画

162.jpg

気持ちいい季節ですねー。
こんな日は思い切り振り切ったバカを愛でたいもんです。

って気分で初夏に必ず1回は登場する、明るいバカ映画特集。
今年のネタは遂に来ました。
『ドレミファ娘の血は騒ぐ』a.k.a.『女子大生恥ずかしゼミナール』。

『ドレミファ』の方が世間を上手いこと煙に巻けるいいネーミングだと思うけど、うめめちは元の直球バカ路線タイトルが好きだw

映画のジャンルは以前レビューした『神田川淫乱戦争』と同じ黒沢清監督製作の「ゴダール先生完コピ系ポストモダンエロ映画」。『神田川』よりエロ成分は大幅控え目です。
お目当ての恥ずかしエロシーンはすんばらしい。マイエロシーンBEST10に入れてもいい。
ヒロインの洞口依子は「80年代文化人御用達アイドル」特有のにおいはするが、それを除いても凄みと可愛さがある。
伊丹十三が大学教授役でほんとに眼福です。この人はインテリ大学教授を演じたら古今東西で日本一だと思ってる。

でもそれ以外のシーンは…

素直に申告すると、DVDチャプター再生でお目当てのシーンだけ観て、あとは停止ボタンを押してしまっても構わないくらい心の底からどうでもいい話だと思いますw
洞口依子・伊丹十三・ゴダール先生のどれかが好きならおすすめします。
好きじゃない人も、とてもヒマならまぁ一度は観てもいいかも。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

何だか気になる服バカ★MV Asobi Seksu

服バカうめめちのなんだか気になる服MV。
今回はアメリカのシューゲイザーバンドAsobi Seksu



ボーカルのユキさんは日本人だが人生ほとんどアメリカ育ちで、つまり日本社会で生きる日本女子のファッションルールに極めてうとい事情があると察する。
まぁオタサーの姫になりがちだろうし。

それにしたってこの人の姫ファッションの方向性は正直どうよと思っていた。
黒の方はまだいい。体の線がぴっちり見える丈の白の超ミニスカワンピに白のヒールってなんぞwこれじゃバブル時代のいわゆるボデコンではないか。
シューゲイザーだよ?インディポップよ?何故にボデコンを選択するんだ。相方はアメリカンインディ男子のセオリー通りなファッションだけに余計際立つというか。

バンド名につっこんだらしいユキさんのじいちゃんはボデコンには何も言わなかったんだろうか。
日本在住らしいじいちゃんの当時の心境はちょっと気になる。
関連記事
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽

何だか気になる服バカ★MV Adam&The Ants

三度の飯や酒や映画より(おいw)ファッションを愛する服バカうめめちが、
ちょっと気になるアーティストのミュージックビデオをさくっと貼る100%マニアなページ。
ただの映画レビュー書いてる間の穴埋めなんだが、それなりに一癖二癖あるものを貼ろうと思います。

という訳で80年代の英国ニューウェーブバンド、Adam&The Ants。



アダム様といえば名物はヴィヴィアン・ウェストウッドのコスプレファッション。
トレードマークの海賊コスプレも可愛いが、業界内幕ものらしいポップファッションがいい。モブまで衣装が手抜き無く凝ってて見応えがある。
ケン・ラッセル、デレク・ジャーマン監督作品のレビューにも書いたが、私はこの手の60~80年代大英帝国の前衛パンクスピリッツあふれるコスプレにとことん弱い。
アダム様のボタンつきまくりジャケット、これほしい!あと秘書?のおねーちゃんのデカメガネのフレームの形が好きだ。

関連記事
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽

No.161『野獣の青春』

公開年:1963年
原作:大藪春彦『人狩り』
監督:鈴木清順
脚本: 池田一朗、山崎忠昭
ジャンル:春のカラフル清順祭り!怪しい奴らのクールな前衛ノワール

youth.jpg

引きつづき鈴木清順監督追悼。

今作は大藪春彦の原作付きだから、話は鈴木清順比ではちゃんとしてると思う。前衛美術に興味が無くても話そのものがおもしろーい!
90分の映画にしては中身濃いしテンポ良くサクサク進むし伏線もキッチリ張られてるし、サスペンスドラマとしてまともなオチもある。まともなオチゆえに名物・異次元ファンタジーバトルが無いのが玉に傷だけどw

ちなみに主人公は宍戸錠ですが、キーパーソンはどこからどうみても小林昭二&川地民夫。

小林昭二は、えええー!な役柄。何つうか私の小林昭二観を覆す変態で癖になるw
川地民夫は鈴木清順作品ではお馴染みの顔ですが今回は出演時間の少なさを補って余りある、いつも以上にクッソ怪しいインパクトwこの人の持ち味であろうと私が勝手に思ってる「昭和スタイリッシュな謎のポージング&着こなしセンス」が活きてます。

脇も一癖あるおやじ&チンピラ役者天国で充実してるし、夜の歓楽街が舞台だから女優も怪しい香りたっぷりです。曲者脇役好きなら必見。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.160『東京流れ者』

公開年:1966年
監督:鈴木清順
脚本:川内康範
ジャンル:春のカラフル清順祭り!男と男の前衛ミュージカル流れ旅

drifter.jpg

鈴木清順監督追悼。
「めしの炊ける匂いに欲情する男」等々のメケメケ前衛てんこ盛りな珍作品、そして伝説のジジイ棒でも名高い清順監督。ご高齢だから覚悟はしてましたが寂しいですねえ。
なんかワイドショーのコメンテーターみたいな感想だな。

という訳で今回は『東京流れ者』。
偶然にも今年のアカデミー作品賞読み間違えで話題の『ラ・ラ・ランド』の監督ダミアン・チャゼルが、本作の影響を受けたと公言してるらしい。当ブログ名物の「微妙に時事ネタにのっかるパターン」ですね。

どうでもいいあらすじ、完璧な構図のお芸術ショット、暴走する美術、男と男の謎友情、謎空間でファンタジーバトル。
清順監督の才気が全面にほとばしってます。おすすめ。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画