気になるMV その9

穴埋めもういっこ。
こちらは単純だけどちょっとひねったバカ。
うめめちは子供の頃大家族でプライバシーゼロな暮らししてたせいか、廃屋や工場をいい感じにDIYして勝手気ままに暮らすスタイルに無暗に憧れていた。

スプラッター絶対ダメな人はラストは微グロなので要注意。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽

気になるMV その8

あー海行きてえ!
ビール飲みてえ!
夏休みほしい!!

という気分で選んだ今週の穴埋めミュージックビデオ。
心は永遠の夏休み。ビールが飲める年になっても小学生アティチュードを保ち続ける、バカ男子バンドのMVです。

続きを読む
関連記事
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽

気になるMV その7

さっきのが特濃男汁すぎましたんで、
ひんやりするやつでクールダウン。

ゾンビの父ロメロ監督追悼も兼ねて納涼ホラーもん。
でもスプラッターホラー苦手なんでじわじわ怖い系にしときます。

続きを読む
関連記事
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽

気になるMV その6

DVDプレーヤーと東芝君とルーターとプリンターとエアコン1台。
どれから買い換えたらいいんだかヨドバシドットコムをながめて途方に暮れる夏である。

さて今回の穴埋めミュージックコーナーは本気で嫌がらせ。
真夏にギトギトの油そばを食べるがごときディープな一発です。
ある意味食あたり注意




続きを読む
関連記事
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽

No.163『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』

公開年:1986年
原案:高橋源一郎
監督:山川直人
脚本:高橋源一郎、山川直人
ジャンル:くっだらないが癖になるポストモダン新喜劇

163.jpg

お久しぶり~に映画レビューを再開しました。
今回のテーマは日本文学。しかもポストモダン文学。

日本でポストモダン文学といえば、まぁ高橋源一郎ですよね。
その高橋源一郎の初期3部作をベースに高橋源一郎本人がネタを作った、ちょっと珍しい映画であります。

しかし高橋源一郎の小説を2、3ページめくってみた経験がある人ならわかると思いますが、よくこんなもんで映画の脚本書いて撮ってみようなんて無謀な真似したなとびっくりします。
めちゃくちゃハードル高いじゃねーかw
日本文学を映画化した作品の中で冒険しました度ナンバーワンじゃないかと思う。

映画ジャンルとしては前衛で難解。でもなんかどこかお懐かしい匂いがするような。
最初と最後のシーン以外はすべてワンセットで押し通す、三谷幸喜映画以上に舞台劇。セリフは高橋源一郎文学乱れ打ち。なんだけど終わってみればなんだかすごく映画的?
まぁ面白いと思えるかどうかは別にしてw不思議と愛すべき作品。お試しに観てみてください。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画