スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.157『マジック・ランタン・サイクル』

監督:ケネス・アンガー
脚本:多分ケネス・アンガー
ジャンル:クラシックお芸術から電波ゆんゆんまで。アングラカルチャーてんこ盛りな前衛ショートムービー

majick.jpg

『ルシファー・ライジング』を取り上げたんで、ついでにその他の作品もざっくり紹介。

『マジック・ランタン・サイクル』はサブカル好きなら名前くらいは聞いた事あると思いますが、アメリカンカルトムービーの帝王ケネス・アンガー監督が自主制作した3分~30分程度のインディーズショートフィルムの寄せ集めです。
ちなみに私うめめちの偏見ですが、この手の製作者の趣味丸出しなアングラショートムービーは、寝転がってだーらだーら観るのが正しい鑑賞方法です。決して映像の意味を理解しようとまじまじと鑑賞するもんじゃない(ひどいw)
じゃあ何で観るのか?といいますと、癒される為に観るんであります。

世間が帰省やおせち作りや大掃除に勤しんでる年の瀬に、社会的に何の生産性も無い行為をして、極めてムダに時間を費やしてみる。
まずおいしいケーキを買ってくる。帰ったら風呂に湯と入浴剤を入れる(「ツムラ日本の名湯登別カルルス」がマイベスト)。だーらだーら湯に浸かる。そして風呂上りにケーキ食う。食後は人をダメにするふかふかクッションに寝転がり、足のむくみを取りパックで肌の潤い取り戻しつつ、爪手入れして眉毛抜く。
って感じで自分の体を甘々にほぐしながら、意味もオチも無い前衛映像をだーらだーら見る。

前衛バカにとってこんなに贅沢な至福の時間が他にあるでしょうか。
あー癒される
無駄の塊なゆとりタイムで自分を徹底的に甘やかしてこそ、地獄の師走仕事で燃え尽きて枯れ木みたいな魂に来年への活力がわいてくるってもんですw

という事でハッキリ言い切ってしまいますとこれ観て頭に残るものなんか何もありませんが、是非ごゆるりと観て癒されてください。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.156『ルシファー・ライジング』

公開年:1980年
監督:ケネス・アンガー
脚本:多分ケネス・アンガー
ジャンル:西之島(仮称)から電波ゆんゆんなアメリカンカルトムービー

majick.jpg


さて今年もやってきましたクリスマス。
みんな楽しいクリスマス★
一部製造小売サービス業には地獄のクリスマス★
そしてうめめちのクリスマスと言えば恒例のメリクリ★嫌がらせ企画ですね。

1年目花火で生首おかーさーん
→2年目バケツにドサドサ戦場スプラッター
→3年目ベッドに処女の青い血が!
→4年目血の池でラテンカーニバル♪
4年もこんな事やってんのか。飽きねーな私も。

で、5回目はドロドロの昼ドラ地獄を見てもらおうかしら★と思ったんだが、あーしまった!
『地獄に堕ちた勇者ども』をフライングで書いちゃったじゃねーかー!

という事で、ドロドロ地獄の釜の蓋はもう開けちゃったんでネタを差し替える。
聖なる堕天使ルシファー様をライジングさせようぜ★がテーマかもしれない(言い切る自信は無いw)、伝説の電波ゆんゆんカルトムービー。
内容はものの見事にわけわかめ。全く意味わかりませんw
出演してるマリアンヌ・フェイスフルいわく「ヘロインを3回吸わないと理解できない」らしいっすw
でもこんなもんわが身を犠牲にしてヤク中廃人になってまで理解する気など全くありませんので、とりあえず見たものをざっくり書きます。いかほどなドラッギー具合なのかご自分で感じ取ってください。
万が一お気に入りそうな感じなら、短編映画集『マジック・ランタン・サイクル』に入ってますので、是非どうぞ。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。