No.154 『赤い影』

公開年:1973年
原作:ダフネ・デュ・モーリア『今は見てはいけない』
監督:ニコラス・ローグ
脚本:アラン・スコット、クリス・ブライアント
ジャンル:やってません。めくるめく前衛旅情サスペンスホラー

154.jpg

その昔お母様は言いました。
暇があればコンビニでサブカルバカ雑誌を買って読み、オカルト特番・深夜のお笑い番組・B級アイドルバカドラマばっか見てるうめめちに、そんなもの読むな見るなと止めなかったが、時どきテレビの前に座らせるとビデオデッキ(懐かしい)のリモコン押して言いました。
「たまにはちゃんとした名画を観ろ」と。

って事で今回は田舎のお母様に親孝行のつもりシリーズ。
エロバカを捨てて名画を観よう。

第1弾。ニコラス・ローグ監督作品。
これまでに紹介したのは「おにぎりみたいな宇宙船」「わくわく動物丸焼きランド」「あひるちゃん風呂で仲良く3P」とかのヘッポコ要素付きやりすぎ前衛お芸術作品だったが、今度は本気で名画である。
タイムアウトロンドンが選ぶイギリス名作映画第1位!
英国映画協会が選ぶイギリス名作映画第8位!
BBCが選ぶイギリス名作映画第3位!その他もろもろ。
本国イギリスじゃ『逢びき』『ケス』『秘密と嘘』『ウィズネイルと僕』と並んで、業界人インテリ御用達の「これを挙げときゃ間違いなし」な玄人好みの名作です。

ただし。
どんだけ名作と讃えられようが、また名作と呼ばれるにふさわしくヘッポコを封印して編集に超絶技巧を凝らし麗しく撮ってようが、所詮ニコラス・ローグはニコラス・ローグ、「文字で書き起こすと単純でつまらない話を見事に正体不明なお芸術に撮る」世界有数の天才めくるめく派監督ニコラス・ローグ様なのだ。
冷静に考えたら「これのどこがイギリスNo.1やねん」とツッコミたくなる話であります。
いや、名画は名画なんだけど。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.134『パフォーマンス/青春の罠』

公開年:1969年
監督:ドナルド・キャメル、ニコラス・ローグ
脚本:ドナルド・キャメル
ジャンル:ギャングとロックスターの頽廃隠れ家映画

134.jpg

秋の英国祭その2。
英国インテリ大好きなニコラス・ローグ作品。
No.132『華氏451』じゃ物足りねー!とご不満の、ゴリゴリ硬派な前衛めくるめく派におすすめ。

同じニコラス・ローグ撮影作品でも『華氏451』にはトリュフォー監督という良識派ストッパーがいましたが、今作はケネス・アンガーの伝説の悪魔崇拝映画『ルシファー・ライジング』に出演歴があるアレな思考の持ち主ドナルド・キャメル監督と共同作品ですから、前衛めくるめくを止める者無し。

「仲間を裏切り追われるギャングが、ひょんな事からロックスターの隠れ家に逃げ込んて、ロックでサイケな一夜を過ごした」なる単純な話をよくもここまでいじくり倒してドラッギーな映画に仕立てますなwあきれるくらいやりたい放題です。
おかげで映画会社から2年間お蔵入りになり、試写会で途中で席を立つ人が続出するなど、当時は散々な評価だったらしいですがが。

まぁ前衛映画でお蔵入りは勲章ですけどねw
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.032『Walkabout 美しき冒険旅行』

製作年:1971年
原作:ジェームズ・ヴァンス・マーシャル
監督:ニコラス・ローグ
脚本:エドワード・ボンド
ジャンル:アヴァンギャルド冒険映画

032.jpg

後味の悪い映画だ。
どうにも納得いかん映画だ。

でもニコラス・ローグの映画っていつもそんなのばっかりじゃねーか?と言われればまぁその通りです。『地球に落ちてきた男』も哀しいラストシーンだったし、『赤い影』や『ジェラシー』はバッドエンドの極みだし。

でも他の映画は悲惨なオチでも納得感はあるんだが、『Walkabout美しき冒険旅行』だけは消化しづらい後味の悪さがざらりと心に残る。
オチが無いとかありえないという話じゃない。いかにもニコラス・ローグっぽい回りくどい構成だがオチはちゃんとある。だからこそ、「こんなオチってありかよー!」な苦い想いを噛み締めるんである。
それが無きゃ好きな映画なんですが。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.010『地球に落ちてきた男』

製作年:1977年
監督:ニコラス・ローグ
脚本:ポール・メイヤーズバーグ
ジャンル:難解でちょっと哀愁SF映画

010.jpg

はじめてこの映画を観た時は衝撃だった。
学生時代に小難しいサブカル系映画を漁っててミニシアターやイベントをはしごしてた頃で、この手の前衛カルトなストーリーには
すっかり慣れちゃったと思ってたんだが、予想の上を行く不可解加減だった。

なにせ映画を観てて、
はぁ?
はぁ?
はぁ?
はぁ?
はぁ?の言葉が脳内で凄い勢いで増殖するんである。

それまで見てきたメケメケお芸術映画はセリフがやたら哲学的で小難しくても、エピソードに飛躍がありすぎてても、一応ストーリーらしきものに従って話が進んでいた気がします。
ところがこいつは頭からストーリーが読めん。
散りばめられたエピソードの破片を頭の中でパズルみたくつないで、何とか話をまとめようとしても、次のシーンでまた全然別の方向に飛んでいく。
頭が?マークだらけでも我慢して観てる内に何かもう悲しくさえなってきて、「わけわかめ」と死語をつぶやいてました。

それでも辛抱強く観続けてると、ほとんどラストに近くになってからようよう話の全体像が見えるという実に意地悪い構成になっていた。
さすが英国人が大好きな前衛アート系監督ニコラス・ローグが制作した伝説のカルト映画。
俺をやすやすと理解されてたまるか!なヒネた矜持を感じます。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画