スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.146『暗殺の森』

公開年:1970年
原作:アルベルト・モラヴィア『孤独な青年』
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
脚本:ベルナルド・ベルトルッチ
ジャンル:ヘタレ旦那とおバカ嫁のドキドキ暗殺新婚旅行

146.jpg

全国の働く皆様いかがお過ごしでしたか。
繁忙期でバリバリ働く、もしくは帰省という名のタダ働きの2択ではなかったでしたか。
先週はたまった仕事をバリバリさばきましたか。
あー疲れた。たまには何も考えずのんびり1か月くらいバカンス旅行してえ。

って事でテーマは「旅する映画」、今回は新婚旅行。
今さら私の拙い文章でレビューする必要性はみじんも無いくらい、めくるめく前衛映像美派の総本山な作品。

すばらしい!
すばらしい!
ブラボーーーー!!!
と、何度観てもスタンディングオベーションしたくなる名画なのは間違いないんですが、名画だからって見過ごしちゃーいけない欠点はある。

大体前衛映画の登場人物なんて、有名作品をひと通り観たらダメ人間図鑑が1冊出来るくらい、まっとうな人間が出てこないもんである。が、それにしても『暗殺の森』の主人公はダメだ。どーしようもねえモラトリアムなダメ人間だ。
お前が蜂の巣になってしまえ、このヘタレ旦那!
主人公さえ目をつぶれば傑作です。あーホント良い映画だ。あいつのアレさえなければ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。