スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.155 『地獄に堕ちた勇者ども』

公開年:1969年
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
脚本:ルキノ・ヴィスコンティ、ニコラ・バダルッコ、エンリコ・メディオーリ
ジャンル:渡る世間はクズばかり。頽廃渦巻くセレブ歴史絵巻

156.jpg

名画を観ようシリーズ、今回はルキノ・ヴィスコンティ監督作品。
まー今週はいい夫婦の日にサンクスギビングデー、家族の絆に感謝してほのぼの過ごす1週間らしいので、絆が良くも悪くも特濃レベルなファミリー映画をセレクトしましたw
ちなみにうめめちのオカン、もといお母様、はヴィスコンティ大好き。関西のおばちゃんってきらきらしたお貴族趣味が好きだしさぁ。宝塚の代表作もベルばらかエリザベートだしさぁ。

しかしヴィスコンティ監督作品といえば本物のヨーロッパお貴族様が撮る豪華絢爛な黄昏のお耽美貴族絵巻。
でも本作はゴージャスには違い無いが、おばちゃん受けかというと、うーん。特殊な立ち位置であります。
テーマは「ナチス」で「エログロ頽廃」。
お貴族じゃないじゃん。
なんでも戦後20年過ぎて世の中から風化しつつあるナチスの記憶に、それはまかりならんと思い立った反ファシストのゲイ貴族ヴィスコンティ様が、「俺様が真の悪趣味であるナチス、そして20世紀のエログロ頽廃の真髄を見せてくれるわ!」と作ったのが『地獄に落ちた勇者ども』である。らしい。
ははー左様でございますか。とくと拝見いたしますです。

ちなみにエログロといってもヴィスコンティ様ですから描写はあくまでお上品お耽美。
神父vs○○!とか襖に描かれた毒蛇がうねるエロ部屋で3P!とかいう真のお下品エログロは出ないw
でも話はドロドロ愛憎!下世話全開!で楽しいっす

余談ですが、うめめちがここ数年熱くウォッチしてる悪趣味はアジア女優vs藤原紀香のレッドカーペットドレス絵巻w
ハリウッドビッチのスケスケ裸衣装絵巻はネタ切れ感があるが、アジアン悪趣味はまだまだボルテージ高いよw
朝の芸能ニュースで見るたびうわぁとドン引きになるので、こちらも是非堪能してみてくださいw

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。