No.159『剣』

公開年:1964年
原作:三島由紀夫
監督:三隅研次
脚本:舟橋和郎
ジャンル:なんでこうなるの?優等生男子のメンタルが問題な文芸青春映画

159.jpg

当ブログではまぁネタキャラでおなじみ三島由紀夫大先生作品の映画。
すごく変わったスポ根映画であります。

しかし当ブログで「すごく変わった」と書くと「どーせトンデモB級スポ根エロ映画だろ」と思われそうですがw残念ながら謎の超スポーツ理論やエロ特訓や変な必殺技は出てきません。
かなーり昭和の精神論・根性論に傾いてますが、スポーツ(剣道です)の訓練方法はオーソドックスです。『憂国』みたく俺様前衛テイストが出るでもなく、三島先生がチョイ役で出てチンピラごっこや筋肉自慢もしないw
前衛でもストイックな作風の三隅研次監督作品なんで、そういうネタのサービスは無いです。

私は一応女性なんですが、昭和の青春残酷物語系映画を観るとつくづく感じるもんがあります。
とりわけこの映画診た後にスペシャルそう感じるぞ。
ああー男ってほんともうめんどくさい。
何がめんどくさいってオチを観ればわかる。まぁ観てみてください。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画