No.121『あなただけ見えない』(その1)

放映年:1992年
脚本:吉本昌弘、瀧川晃代
ジャンル:とんでもカルトでサイコサスペンスなジェットコースタードラマ
注記:フジテレビの連続テレビドラマ

昭和前衛映画やおバカ映画と並んで私うめめちが愛好する、伝説のジェットコースタードラマを長ーくダラダラとご紹介。

「ジェットコースタードラマ」とは何ぞや?とは『もう誰も愛さない』紹介文で説明入れましたので割愛。
『もう誰も愛さない』『もう涙は見せない』と合わせてジェットコースター三部作と言われとります。
脚本はもちろんこの手のドラマでは比類無き名脚本家・吉本昌弘。

世に「カルトドラマ」と呼ばれるものはドラマ史に数々きらめいてますが、90年代全盛期のフジテレビ月9ドラマ枠で放映されたカルトドラマはこれ1本のみと称されます。
視聴率20%30%は当たり前!なスーパーゴールデンタイム、しかも視聴者層は健全なスイーツ女子とファミリー層。いくらジェットコースターブームだからって月9には(当時でも)無謀な内容すぎると言われ、実際放送期間中はスイーツ&ファミリーに嫌われて視聴率は伸びなかったらしい。
しかしスイーツ&ファミリーの端くれにいたオカルトキワモノ大好きおバカ小中学生には猛烈に受けたwだから当時の小中学生が大人になった今、伝説のカルトドラマとして語り継がれてます。

どういう話かというと、日本とロシアで三代に渡り複雑な運命に翻弄された家族の、愛と絆を描いたファミリードラマです。
こう書くとものすごくまともなドラマに思えるw
別に嘘は言ってないが、『卑弥呼』を「女性の愛と死を描いた古代歴史ドラマ」と言うのと同じくらい無謀な説明って気もする。でもまぁいいかw

ネタてんこ盛りの高速回転ドラマな上に、無駄に話が壮大で登場人物の思考回路が全員どっかおかしいので、あらすじ紹介が異常に長いです。仮にも月9ドラマだったから話知ってる方も多いと思われますし、まぁ適当に端折って読んでください。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ

No.087『もう誰も愛さない』

放映年:1991年
脚本:吉本昌弘・中山乃莉子・林誠人
ジャンル:元祖ジェットコースタードラマ
注記:フジテレビの連続テレビドラマ

087.jpg

昭和日本の問題作を扱う当ブログで、いずれ書かねばならぬと思ってた宿命の作品である(なんでだw)。
「ジェットコースタードラマ」の金字塔と呼ばれるドラマ界の鬼っ子的作品。通称『だれ愛』。

ドラマ放映から四半世紀以上経ちましたんで一応説明すると、「ジェットコースタードラマ」とは昭和大映テイストドラマの亜流に当たり、90年代初頭のバブル末期に一世風靡した過激派トンデモドラマであります。
「出生に秘密のある主人公が、身の上にふりかかる不幸の連続&ドロドロ愛憎関係&いじめの嵐を乗り越えて、真実を見出し成長する」というドラマの基本構造は大映テイストドラマと同じですが、バブルの狂った世相に合わせて不幸もドロドロもヒートアップ。毎週毎週登場人物が不幸貧乏どん底&バブル成金のアップダウンに見舞われ、山あり谷あり怪しいプレイありの盛り沢山のエピソードを超高速回転でこなす。高速だから「ジェットコースター」。世紀末の刺激を求めるお茶の間に大人気でした。
愛憎ドロドロ東海ドラマと似てるようで少々違う。90年代ドラマ界の帝王だった野島伸司脚本の過激派ドラマとも、似てるようでやっぱり違う。金・株・土地関係のエピソードが異常に多い。などの特徴があります。

ちなみに世間ですごく誤解されてるが、吉田栄作といえば「ウォー」の叫びが代名詞だが、『だれ愛』では吉田栄作は毎回叫ばないですよ。毎回叫びまくるのは『愛さずにいられない』だ。

続きを読む
関連記事
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ