No.150 『裸の島』

公開年:1960年
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
ジャンル:太陽と海と不条理の夫婦SM日記


150.jpg

真夏に新藤兼人監督作品を観よう企画、記念の150作目レビュー。

田舎に寄生して久しぶりにナンシー関の本を読んでたら、夫婦どつき漫才の正司敏江・玲児夫妻にSMプレイを感じるというコラムがありました。
子供の頃に漫才を観た事ありますが、いやーその意見は正しいと思いますw
ちょっと触れたら怖い香りがしますよね、夫婦漫才の中であの人達だけは。

さて昭和漫才界の公開SMプレイが敏江・玲児夫妻のどつき漫才なら、昭和映画界の公開SMプレイは、誰が何と言っても新藤兼人・乙羽信子夫妻の自主制作映画でしょうw
たとえ画面に新藤監督本人はいなくとも、映画は常に夫婦のSMプレイを覗き見するような背徳の緊張感がありますが、その中でも本作は、SMプレイ度では一番だと思います。

画面の最初に「文科省推薦」とテロップが出そうなくらい、クソ真面目な苦労話の社会派映画です。
登場人物は非常に少ない。セリフも無い。シンプルで淡々とした展開。まるでNHK地方局制作の地味なドキュメンタリー映画を観てるよう。
なのにハラハラして目が離せない。画面は常に謎の緊張感と不幸の香りに満ちています。
そして観た後は妙にぐったりして何もかもやる気を失くします。
映画の感想すらなかなか書く気にならんw
要は鬱映画って事ですが、鬱々した中にもじわじわと背徳のマゾヒスティックな味わいがして、えもいわれぬ後ろめたい余韻を残します。

日本映画ベストテンでよく挙げられる名作ですが、「こういう『いかにも日本映画の名作』って苦手」なイカモノ趣味のあなたにも実はおすすめです。
あと、土曜6時にテレビで『人生の楽園』見たり「田舎の村に移住してロハスな生活」なんてブログ読んだりして、「アーリーリタイアして田舎暮らしっていいよねー」なんてドリーム抱きがちな意識高い都会のおっさんおばさんに、頭から冷や水をぶっかけるのにも適してますw
よければどうぞ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.149 『鬼婆』

公開年:1964年
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
ジャンル:中世肉食女子のドロドロホラー

149.jpg

真夏に新藤兼人監督作品を観よう企画。
夏休み名物・納涼ホラー特集を兼ねて、極め付きの化物映画でお楽しみ

しかし化物映画といっても、そんなにグチョグチョのスプラッターが出る訳じゃない。最後にショッキングシーンもあるけど、白黒だから生々しくないし。
しかしなんか人間ドラマというより「サバンナに生きる野生の動物王国」ドキュメンタリーを観てる気分になる。
最強の肉食ワニvsサバンナの掃除屋ハイエナvs巨体をもんどりうつヌーの大群!生死を掛けた極限バトル!とかいうノリである。

えー本当かよ?また大げさにふかしやがって、と思ったあなた、冒頭10分でいいから観てください。きっと意味が分かるから。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.148『裸の十九才』

公開年:1970年
監督:新藤兼人
脚本:関功、松田昭三
ジャンル:昭和の連続殺人鬼・永山則夫の生涯ダイジェスト

148.jpg

ただ今絶賛夏バテ中。
あっつー。
だりい。しんどい。寝れねえ。食欲ねえ。

でも夏を乗り越えるならスタミナ補給しなきゃね!と昼休みにスリランカカレーを食べてきた。うまかったー。
そして寝れない夜は冷房効いた部屋でぐーたら映画鑑賞w今回はパンチのきいた新藤兼人監督作品で攻めてみる。
誰もがなんとなく名前を聞いた事があると思う、19歳の連続殺人犯・永山則夫の生い立ちをモデルに描いた社会派系映画です。

「凶悪殺人犯の心の闇を追った問題作」は社会派系監督のお得意ネタだが、しかし逮捕されたのが1969年4月で→映画公開が1970年10月って。撮ってすぐ出しなスピード感が凄い。いくら自前レーベル製作のインディペンデント映画といえ、1年半でちゃっちゃと作っちゃったのか!
にしては、きっちり面白い仕上がりにびっくり。
モノクロ画面&社会派映画でありがちな「殺人の裏に潜んだ社会の不条理を問う!」的な意識高い雰囲気も無く、脚本が適度に下世話を狙ってていい。
演出もスピーディだし、ほどよく前衛サブカル風味をまぶしてあって観やすいです。
俳優もうめめち好みの「いつもの昭和前衛脇役メンバー」が揃ってますし、もちろん新藤兼人作品の定番ヒロイン・乙羽信子もみどころです。今回は意外なところで演技力?化け力?にびっくり。

しかし原田大二郎が私のイメージの原田大二郎と全然違う。
うるさくないし熱血キャラじゃないw

まあ私の原田大二郎イメージってほぼ100%「天才・たけしの元気が出るテレビ」の学園コント由来なんだが。
思えば松方弘樹・的場浩司・XJAPAN・山本太郎・志垣太郎・浪越徳治郎もそうか。「元気が出るテレビ」の刷り込み能力恐るべし。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.125『しとやかな獣』

公開年:1962年
監督:川島雄三
脚本:新藤兼人
ジャンル:クレクレ団地一家のシニカルコメディ

125.jpg

あっつー。
ジメジメくそあっつー。
今は一年で一番嫌な暑さの季節。普通に過ごしててもイラッとくる日は破滅まっしぐらなバカ一家の話を観て、心を黒い溜飲で満たしたいものですね☆

「ひと皮むけば男も女もこんなもの」
身も蓋も無いキャッチコピーがステキぃ。

昔の映画なのでブラック度も下品度も控え目ですが、日本映画の名作と呼ばれる作品なのに、演出が前衛バリバリで狂ってる。
コメディの隙間に日本の戦後の闇がどろっと見えていい感じに後味悪いし、当ブログ的にもおすすめ。

偏見だが若尾文子様の公式イメージってこの映画の文子様だと思いますがいかがでしょう。
前髪を片側たらして白ブラウス&黒タイトスカート、煙草をくゆらせてうっふーん
ステキだわー。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.113『卍』

公開年:1964年
原作:谷崎純一郎
監督:増村保造
脚本:新藤兼人
ジャンル:今日子と文子のドロドロ女子恋道場

113.jpg

真冬にぴったり!ドロドロ物語シリーズ。
バレンタインだからハートフルでガーリーな恋愛映画がいいですね。

で、『卍』である。
恋愛っちゃ恋愛だがどこがハートフルやねん。
いやいや岸田今日子のハートは激熱よ
熱すぎて時々狂気の国へいってますけど。

ちなみに増村保造監督&新藤兼人脚本作品ですから話がちゃっちゃとテンポ良く進みますし、下世話だけど変態フェチ方面は控え目ですし、大正昭和的レトロガーリーな女子ファッションも楽しめますので、谷崎文学作品の映画って敷居が高そうと敬遠してる初心者におすすめです。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画