スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.144『不良姐御伝 猪の鹿お蝶』

公開年:1973年
原作:凡天太郎
監督:鈴木則文
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
ジャンル:クリスチーナvs池玲子!夢のお色気ヌード活劇
注記:18禁ポルノ映画

144.jpg

なんとなく思いつきで模様替えして
お久しぶりーの映画レビュー。

女性活躍推進法ご推薦!女性がバリバリ活躍する映画特集ということで、以前にこちらのページで紹介した猪の鹿お蝶シリーズの第1弾作品。

1作2作どちらも脱ぎも活劇も甲乙つけがたい名作ですが、
第2作はアングラ趣味&痛快娯楽パーティー感が強く、ラストは爽快。
第1作は鈴木則文監督作品らしく、サービス満点ながら女が哀しいダークな味わい。
その日の気分でどっち観るかお選び下さい。

亡き父の復讐に燃えるうら若き女博徒と英国情報部の金髪ロリ顔女スパイの対決。
たまりませんね。昭和オヤジの萌えポイント突きまくりですね。
英題が『Sex&Fury』。素晴らしいですね。

名シーンは序盤にガツンときます。
お約束の「実は当時18歳」池玲子が、惜しみなく豪快に見せてくれます。
昭和お色気映画史上屈指の名シーンだ!と断言してもいい。
いかにもタランティーノ絶賛なシチュエーションで、『キル・ビル』のクライマックスでパクられてます。
ユマ・サーマンは脱ぎゃしませんでしたがw
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.090『聖獣学園』

製作年:1974年
原作:鈴木則文
監督:鈴木則文
脚本:鈴木則文、掛札昌裕
ジャンル:聖なる女たちの禁断エロティックサスペンス

090.jpg

清らかなはずの修道院を舞台にしたジャパニーズ・ゴシックサスペンス。

エロ!拷問!凌辱!コスプレ!放尿!母娘丼!
神をも恐れぬ根性据わったバチあたりっぷり。

さすが東映。ヤクザ映画の雄はダテじゃない。

多岐川裕美の主演デビュー作ですから、ルックス面のクオリティも抜群です。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.062『徳川セックス禁止令 色情大名』

製作年:1972年
監督:鈴木則文
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
ジャンル:東映エロバカ時代劇
注記:R-18指定ポルノ映画

062.jpg

タイトルからしてエロバカの香り高い逸品。
夜の指南役!
白い肌の唐人娘!
南蛮渡来の媚薬!
時代劇の色物要素をこれでもかとフル装備。

しかもこんなにおバカな内容の割に、東映だからしっかり本格時代劇してるというw
この手のバカエロ映画を好きの方にはバイブルな、愛すべき昭和B級映画であります。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。