No.147『とべない沈黙』

公開年:1966年
監督: 黒木和雄
脚本: 松川八洲雄、岩佐寿彌、黒木和雄
ジャンル:蝶にとっては命がけ。ロードムービーな前衛オムニバス映画

147.jpg

仕事の出張以外に旅する暇無いんで映画の中でだけ旅する企画、日本縦断(一部海外)の旅。
といっても旅するのは蝶々だけなんだがw

久しぶりに当ブログ王道のATG系。
東宝製作で作ったものの試写で「き○がい映画」と酷評され(ストレートやなw)お蔵入りになりATGに流れてきたという、いわくつきの映像詩系前衛映画。

蝶が旅する
登場人物に名前が無い
加賀まりこが1人7役(しかも役どころは全部「謎の女」設定)
ポスターのデザインがコレ
いかほど難解か想像がつくってもんですね。
しかしさすが元東宝、脇の役者陣がやたら豪華だ。蜷川幸雄氏もチョイ役で出てまして、遅ればせながら追悼も兼ねて。

話の展開なんか全然グダグダわけわかめなのに、観てると不思議なオーラを感じる映画。うめめちご贔屓・鈴木達夫撮影作品の中でもかなりお気に入りの一本です。
映画館で観るより断然DVDがおすすめ。蒸し暑い夏の午後に、冷房きかせた部屋で寝っころがって観ると良いクールダウンになりますよ。
ただし30分以内に爆睡しますがw
不眠解消にガチで効きます。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画