スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.158『妖星ゴラス』

公開年:1962年
監督: 本多猪四郎
脚本:木村武
ジャンル:日本人すごい!人類すごい!地球すごい!特撮SF映画

158.jpg

遅ればせながらあけおめ。
一発目は景気づけに壮大な科学映画でお祝い。
池部良主演!日本人すごい!日本の科学すごい!宇宙の脅威には日本人中心で世界なかよく闘うんだー!

…なんだか1年くらい前に似たようなレビューを書いたような。
とってもデジャブw

デジャブついでにその似たような東宝特撮映画『惑星大戦争』の感想で

まぁライバル東映の『宇宙からのメッセージ』だって「星のケツから噴射装置が出て星が丸ごと発進」なんて無謀な事をやらかしてますんで

と書いたんだが、実はご本家東宝にも「星のケツから」設定のSF映画が存在しましたw
しかもなんと極めてクソ真面目にも、東大理学部のご協力のもと「星のケツから」を科学的に考証して作ったそうです。

ちなみに「宇宙から来た小惑星が地球に衝突する設定のSF映画」といえば、有名どころでは『ディープインパクト』と『アルマゲドン』ですが、どちらも地球の対抗策は「惑星に核爆弾をぶちこんで撃退する」です。
に対して本作のテーマは「よける」であります。
「闘わずして『よける』」平和的な手法、それを真面目に考証する姿勢、「考証するべきはそこだけかよ!他にでっかいツッコミどころがあるがそっちはノー考証かよ!」なボケシーン、政治経済面で難しい所は国連様の力で強引に片づける姿勢、精巧ではあるがださいプロダクトデザイン。
何とも日本映画伝統のジャパニーズマインドSF映画ですw

続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.151『犬神の悪霊』

公開年:1977年
監督:伊藤俊也
脚本:伊藤俊也
ジャンル:結局怖いのは悪霊?ウラン?ブードゥーな村人?とんでもオカルト映画

151.jpg


大阪では夏休みが終わればハロウィンが始まる。
USJのハロウィンホラーナイトが始まるからである。
気温30℃超えようがハッピーハロウィン。ゾンビの中の人も大変ね。
という訳でいつもの「世の中のイベントに微妙に便乗してみる企画」。ジャパニーズホラーナイト映画を楽しく観る。

『犬神の悪霊』は70年代に流行った、『エクソシスト』『犬神家の一族』『八つ墓村』系オカルト映画ブームにあやかって作られた映画であります。いかにもその手の映画っぽい、前にどこかで観たようなオカルトシチュエーションが一杯出てきます。
しかし他の映画と違って怖くない。
スプラッター嫌いでホラー映画を観た夜はトイレに行けない怖がりの私が断言する。
ちっとも怖くない。
正直前回の新藤兼人作品の方がはるかに怖いw

何が怖くないかというと、話が中途半端にネタを盛り込み過ぎてボケボケなのもさることながら、キメのオカルトシーンに何故か「はぁ?」とツッコミ必至なおまぬけポイントが仕込まれてるからだwオカルト映画のフォーマット通りに撮ってるはずなんだが、何かがいちいち余分におかしいw
失笑しちゃって怖がる暇も無いw
一度観たら悪い意味で印象深い名シーンが目白押しw
『幻の湖』や『悲愁物語』と並ぶ、昭和日本映画界が誇るとんでもバカ映画です。超おすすめ。

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.139『鴛鴦歌合戦』

公開年:1939年
監督:マキノ正博
脚本:江戸川浩二
ジャンル:踊って歌って恋してハイパー時代劇オペレッタ♪

139.jpg

クリスマスを呪った後は(呪うのかよ)
新春あけおめ。

いつもは前衛アングラお芸術情念ドロドロわけわかめ謎展開謎理論が渦巻く映画のブログですが、
やっぱり正月は頭使わず観るのが一番!明るく楽しく参りましょー♪

という訳であけおめ第一発は、日本映画史上最も頭使わないで観れるキュートでバカ明るい超名作。
1939年公開ってすごいな。第二次世界大戦勃発の年で、『風と共に去りぬ』も同じ年に作られたとか。いやもう歴史の彼方ですわ。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.127『エスパイ』

公開年:1974年
原作:小松左京
監督:福田純
脚本:小川英
ジャンル:超能力は愛なのだスパイアクション映画

127.jpg

『惑星大戦争』ときたら次は『エスパイ』である。

東宝製作で同じ監督で同じ大風呂敷広げ系で(スケールは地球内におさまる規模だが)、世界を駆け巡り超能力バトルをやりますが、ラストで同じくずっこけるダメ加減
でも由美かおるの昭和女優ファッションは頑張ってて目の保養になります。

「エスパイ」とは「エスパー・スパイ」の略だそうです。
ネーミングセンスの直球加減がなんとも昭和。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.126『惑星大戦争』

公開年:1977年
監督:福田純
脚本:中西隆三
ジャンル:ある意味日本人すげえ!パネエ!なSF映画

126.jpg

東宝DVD名作セレクション化おめでとう企画。

ここ数年テレビ業界で一大トレンドの『日本人すごい!日本の技術パネエ!』な日本ほめほめ番組を見ていると、いや日本の技術や人柄ををほめるの自体は別に良い事じゃないかと単純に思ってますが、ただなんとなーくこの映画の池部良がうっすら浮かんでちょっと困りますw

話はまぁ…
日本人は凄い!
日本の英知は凄い!
日本魂は宇宙レベル!
日本は地球を救う!
って感じだが、にしても映画の日本人描写は、大風呂敷を広げるにも限界があるだろと正直思いますです。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。