スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.157『マジック・ランタン・サイクル』

監督:ケネス・アンガー
脚本:多分ケネス・アンガー
ジャンル:クラシックお芸術から電波ゆんゆんまで。アングラカルチャーてんこ盛りな前衛ショートムービー

majick.jpg

『ルシファー・ライジング』を取り上げたんで、ついでにその他の作品もざっくり紹介。

『マジック・ランタン・サイクル』はサブカル好きなら名前くらいは聞いた事あると思いますが、アメリカンカルトムービーの帝王ケネス・アンガー監督が自主制作した3分~30分程度のインディーズショートフィルムの寄せ集めです。
ちなみに私うめめちの偏見ですが、この手の製作者の趣味丸出しなアングラショートムービーは、寝転がってだーらだーら観るのが正しい鑑賞方法です。決して映像の意味を理解しようとまじまじと鑑賞するもんじゃない(ひどいw)
じゃあ何で観るのか?といいますと、癒される為に観るんであります。

世間が帰省やおせち作りや大掃除に勤しんでる年の瀬に、社会的に何の生産性も無い行為をして、極めてムダに時間を費やしてみる。
まずおいしいケーキを買ってくる。帰ったら風呂に湯と入浴剤を入れる(「ツムラ日本の名湯登別カルルス」がマイベスト)。だーらだーら湯に浸かる。そして風呂上りにケーキ食う。食後は人をダメにするふかふかクッションに寝転がり、足のむくみを取りパックで肌の潤い取り戻しつつ、爪手入れして眉毛抜く。
って感じで自分の体を甘々にほぐしながら、意味もオチも無い前衛映像をだーらだーら見る。

前衛バカにとってこんなに贅沢な至福の時間が他にあるでしょうか。
あー癒される
無駄の塊なゆとりタイムで自分を徹底的に甘やかしてこそ、地獄の師走仕事で燃え尽きて枯れ木みたいな魂に来年への活力がわいてくるってもんですw

という事でハッキリ言い切ってしまいますとこれ観て頭に残るものなんか何もありませんが、是非ごゆるりと観て癒されてください。
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.156『ルシファー・ライジング』

公開年:1980年
監督:ケネス・アンガー
脚本:多分ケネス・アンガー
ジャンル:西之島(仮称)から電波ゆんゆんなアメリカンカルトムービー

majick.jpg


さて今年もやってきましたクリスマス。
みんな楽しいクリスマス★
一部製造小売サービス業には地獄のクリスマス★
そしてうめめちのクリスマスと言えば恒例のメリクリ★嫌がらせ企画ですね。

1年目花火で生首おかーさーん
→2年目バケツにドサドサ戦場スプラッター
→3年目ベッドに処女の青い血が!
→4年目血の池でラテンカーニバル♪
4年もこんな事やってんのか。飽きねーな私も。

で、5回目はドロドロの昼ドラ地獄を見てもらおうかしら★と思ったんだが、あーしまった!
『地獄に堕ちた勇者ども』をフライングで書いちゃったじゃねーかー!

という事で、ドロドロ地獄の釜の蓋はもう開けちゃったんでネタを差し替える。
聖なる堕天使ルシファー様をライジングさせようぜ★がテーマかもしれない(言い切る自信は無いw)、伝説の電波ゆんゆんカルトムービー。
内容はものの見事にわけわかめ。全く意味わかりませんw
出演してるマリアンヌ・フェイスフルいわく「ヘロインを3回吸わないと理解できない」らしいっすw
でもこんなもんわが身を犠牲にしてヤク中廃人になってまで理解する気など全くありませんので、とりあえず見たものをざっくり書きます。いかほどなドラッギー具合なのかご自分で感じ取ってください。
万が一お気に入りそうな感じなら、短編映画集『マジック・ランタン・サイクル』に入ってますので、是非どうぞ。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.155 『地獄に堕ちた勇者ども』

公開年:1969年
監督:ルキノ・ヴィスコンティ
脚本:ルキノ・ヴィスコンティ、ニコラ・バダルッコ、エンリコ・メディオーリ
ジャンル:渡る世間はクズばかり。頽廃渦巻くセレブ歴史絵巻

156.jpg

名画を観ようシリーズ、今回はルキノ・ヴィスコンティ監督作品。
まー今週はいい夫婦の日にサンクスギビングデー、家族の絆に感謝してほのぼの過ごす1週間らしいので、絆が良くも悪くも特濃レベルなファミリー映画をセレクトしましたw
ちなみにうめめちのオカン、もといお母様、はヴィスコンティ大好き。関西のおばちゃんってきらきらしたお貴族趣味が好きだしさぁ。宝塚の代表作もベルばらかエリザベートだしさぁ。

しかしヴィスコンティ監督作品といえば本物のヨーロッパお貴族様が撮る豪華絢爛な黄昏のお耽美貴族絵巻。
でも本作はゴージャスには違い無いが、おばちゃん受けかというと、うーん。特殊な立ち位置であります。
テーマは「ナチス」で「エログロ頽廃」。
お貴族じゃないじゃん。
なんでも戦後20年過ぎて世の中から風化しつつあるナチスの記憶に、それはまかりならんと思い立った反ファシストのゲイ貴族ヴィスコンティ様が、「俺様が真の悪趣味であるナチス、そして20世紀のエログロ頽廃の真髄を見せてくれるわ!」と作ったのが『地獄に落ちた勇者ども』である。らしい。
ははー左様でございますか。とくと拝見いたしますです。

ちなみにエログロといってもヴィスコンティ様ですから描写はあくまでお上品お耽美。
神父vs○○!とか襖に描かれた毒蛇がうねるエロ部屋で3P!とかいう真のお下品エログロは出ないw
でも話はドロドロ愛憎!下世話全開!で楽しいっす

余談ですが、うめめちがここ数年熱くウォッチしてる悪趣味はアジア女優vs藤原紀香のレッドカーペットドレス絵巻w
ハリウッドビッチのスケスケ裸衣装絵巻はネタ切れ感があるが、アジアン悪趣味はまだまだボルテージ高いよw
朝の芸能ニュースで見るたびうわぁとドン引きになるので、こちらも是非堪能してみてくださいw

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.152 『ブラックムーン』

公開年:1975年
監督: ルイ・マル
脚本:クロード・ネジャール
ジャンル:ルイ・マルからの挑戦状?大人版アリスっぽい前衛ダークファンタジー

152.jpg

芸術の秋ですね。
ファッションの秋ですね。
と去年の秋と全く同じ手抜きモードで始める秋のお芸術特集。
おフランスから初登場、ルイ・マル監督の歯ごたえたっぷり前衛ファンタジー映画です。

最初にテロップで「夢のような旅へどうぞ」とか前置きが入る。
監督からの「お前らをわけわかめにしてやるぜ。覚悟して観ろよ」という親切な挑戦状である。前衛映画ファンへのペアレンタル・アドバイザリーマークみたいなんもんですな。
燃えるじゃねーか。受けて立ってやるw

もちろん映画の中身も、
開始から10分以上ノーセリフ
登場人物にほぼ名前無し
ムカデにヘビにゴッキーにしゃべる一角獣登場
オリジナル版ポスターのデザインがコレ
見事にわけわかめ前衛映画の必須要素だらけですねw

しかしながらスヴェン・ニクヴィスト撮影監督の造り出す、物静かでありながら心がざわめくような、冷え切ってるようでほのかに人や場所の匂いが感じられる空気感が素晴らしい。映画の世界に住んでみたい誘惑に駆られます。
前衛に耐性があってお暇なら、一度味わってみてください。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.146『暗殺の森』

公開年:1970年
原作:アルベルト・モラヴィア『孤独な青年』
監督:ベルナルド・ベルトルッチ
脚本:ベルナルド・ベルトルッチ
ジャンル:ヘタレ旦那とおバカ嫁のドキドキ暗殺新婚旅行

146.jpg

全国の働く皆様いかがお過ごしでしたか。
繁忙期でバリバリ働く、もしくは帰省という名のタダ働きの2択ではなかったでしたか。
先週はたまった仕事をバリバリさばきましたか。
あー疲れた。たまには何も考えずのんびり1か月くらいバカンス旅行してえ。

って事でテーマは「旅する映画」、今回は新婚旅行。
今さら私の拙い文章でレビューする必要性はみじんも無いくらい、めくるめく前衛映像美派の総本山な作品。

すばらしい!
すばらしい!
ブラボーーーー!!!
と、何度観てもスタンディングオベーションしたくなる名画なのは間違いないんですが、名画だからって見過ごしちゃーいけない欠点はある。

大体前衛映画の登場人物なんて、有名作品をひと通り観たらダメ人間図鑑が1冊出来るくらい、まっとうな人間が出てこないもんである。が、それにしても『暗殺の森』の主人公はダメだ。どーしようもねえモラトリアムなダメ人間だ。
お前が蜂の巣になってしまえ、このヘタレ旦那!
主人公さえ目をつぶれば傑作です。あーホント良い映画だ。あいつのアレさえなければ。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。