No.121『あなただけ見えない』(その4)

No.121『あなただけ見えない』(その3)の続き

そういえば続き書くのすっかり忘れてた!
レビュー書き始めたの5月だよwどんだけきままなペースなんだw
過激ネタ満開の90年代ドラマの中でも伝説の阿鼻叫喚ジェットコースターオカルトドラマ、レビュー最終回です

これまで数々の伝説をやらかしたドラマですが、最終回も盛大にぶちかましてます。
前回までに散々大風呂敷を敷いた伏線を1話で強引に回収してますんで、1話で普通のドラマ3話分はある超高速回転ジェットコースター仕様w話の展開がスーパー早い早いw
ラストまで攻めて攻めまくられて、観終わった後はなんか尻子玉抜かれた気分になるw
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ

No.121『あなただけ見えない』(その3)

No.121『あなただけ見えない』(その2)の続き。(青字はネタバレあり

お懐かしの阿鼻叫喚ジェットコースタードラマのあらすじを、ちまちま気ままに更新中。

月9や土9、月曜ドラマランド、テレ朝月8など、なんか月曜と土曜に多かった気がする「チャラい流行りもの&アイドルドラマ」は、後々観ると意外な個所でタメになる。

『あなただけ見えない』のタメになるポイント。
それは解離性人格障害への理解ではなくw、「1991年12月25日にソビエト連邦が崩壊してロシア連邦になった」という事実である。

なんとドラマ放映の1か月前までロシアはソビエト連邦だったんであります。
でもドラマの中ではばっちり『ロシア』連呼してる。こんなトンデモ内容の癖に、図らずも世界史の転換期にリアルタイムで立ち会ったドラマは貴重だ。
まぁドラマの企画を立てた時点でソビエトが崩壊するってのは決定事項だったんで、見切り発車で撮影や広告宣伝進めたんでしょうが、もしゴルバチョフ退任とソビエト連邦の終了が何かのはずみで遅れちゃってたら、一体どうするつもりだったんだろう?と思う。
続きを読む
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ

No.121『あなただけ見えない』(その2)

No.121『あなただけ見えない(その1)の続き(青字はネタバレあり

お懐かしの阿鼻叫喚ジェットコースタードラマのあらすじの続き。

まだドラマ全体の半分弱なのに素晴らしいネタフルスロットル飛ばしぶり。
昭和エログロ映画や大映ドラマが大好きなうめめちでも観てて胃もたれするくらい、こってり豚骨濃厚スープなネタドラマである。

返すがえすも大河ドラマ・朝ドラ・日9と並ぶ国民的高視聴率ドラマ枠だった月曜の夜21時に堂々と放送された作品であります。
昔の放送コードはどんだけ緩いんだって話ですね。
いい時代だったw
続きを読む
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ

No.121『あなただけ見えない』(その1)

放映年:1992年
脚本:吉本昌弘、瀧川晃代
ジャンル:とんでもカルトでサイコサスペンスなジェットコースタードラマ
注記:フジテレビの連続テレビドラマ

昭和前衛映画やおバカ映画と並んで私うめめちが愛好する、伝説のジェットコースタードラマを長ーくダラダラとご紹介。

「ジェットコースタードラマ」とは何ぞや?とは『もう誰も愛さない』紹介文で説明入れましたので割愛。
『もう誰も愛さない』『もう涙は見せない』と合わせてジェットコースター三部作と言われとります。
脚本はもちろんこの手のドラマでは比類無き名脚本家・吉本昌弘。

世に「カルトドラマ」と呼ばれるものはドラマ史に数々きらめいてますが、90年代全盛期のフジテレビ月9ドラマ枠で放映されたカルトドラマはこれ1本のみと称されます。
視聴率20%30%は当たり前!なスーパーゴールデンタイム、しかも視聴者層は健全なスイーツ女子とファミリー層。いくらジェットコースターブームだからって月9には(当時でも)無謀な内容すぎると言われ、実際放送期間中はスイーツ&ファミリーに嫌われて視聴率は伸びなかったらしい。
しかしスイーツ&ファミリーの端くれにいたオカルトキワモノ大好きおバカ小中学生には猛烈に受けたwだから当時の小中学生が大人になった今、伝説のカルトドラマとして語り継がれてます。

どういう話かというと、日本とロシアで三代に渡り複雑な運命に翻弄された家族の、愛と絆を描いたファミリードラマです。
こう書くとものすごくまともなドラマに思えるw
別に嘘は言ってないが、『卑弥呼』を「女性の愛と死を描いた古代歴史ドラマ」と言うのと同じくらい無謀な説明って気もする。でもまぁいいかw

ネタてんこ盛りの高速回転ドラマな上に、無駄に話が壮大で登場人物の思考回路が全員どっかおかしいので、あらすじ紹介が異常に長いです。仮にも月9ドラマだったから話知ってる方も多いと思われますし、まぁ適当に端折って読んでください。
続きを読む
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ

No.097『同窓会』(後半)

No.097『同窓会』(前半)の続き(青字はネタバレあり

頭のネジが軽く10本は外れた恐怖のぶっちゃけパーティーの続き。

七月&風馬、康介&唯子が元サヤにおさまり、ひとり失恋したのは嵐だった。
暴露大会で一番体張ってがんばってたのに!恋人岬で恋愛成就の「愛の鐘」まで鳴らしたのに!
残念だなw

嵐はお仲間の新宿二丁目ボーイズコンビお兄系ボーイ・ヒロミ君(坂本昌行)とオトメ系ボーイ・ウシオ君(国分太一)相手にグチトークするだけじゃ癒されず、憂さ晴らしに売り専ホストに本格参戦。
小松方正に買われて例の新宿妖かしの館で裸に白薔薇持って芸術モデルやっていた
達ちゃんがやるとリアル薔薇族ですな。
続きを読む
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ