No.144『不良姐御伝 猪の鹿お蝶』

公開年:1973年
原作:凡天太郎
監督:鈴木則文
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
ジャンル:クリスチーナvs池玲子!夢のお色気ヌード活劇
注記:18禁ポルノ映画

144.jpg

なんとなく思いつきで模様替えして
お久しぶりーの映画レビュー。

女性活躍推進法ご推薦!女性がバリバリ活躍する映画特集ということで、以前にこちらのページで紹介した猪の鹿お蝶シリーズの第1弾作品。

1作2作どちらも脱ぎも活劇も甲乙つけがたい名作ですが、
第2作はアングラ趣味&痛快娯楽パーティー感が強く、ラストは爽快。
第1作は鈴木則文監督作品らしく、サービス満点ながら女が哀しいダークな味わい。
その日の気分でどっち観るかお選び下さい。

亡き父の復讐に燃えるうら若き女博徒と英国情報部の金髪ロリ顔女スパイの対決。
たまりませんね。昭和オヤジの萌えポイント突きまくりですね。
英題が『Sex&Fury』。素晴らしいですね。

名シーンは序盤にガツンときます。
お約束の「実は当時18歳」池玲子が、惜しみなく豪快に見せてくれます。
昭和お色気映画史上屈指の名シーンだ!と断言してもいい。
いかにもタランティーノ絶賛なシチュエーションで、『キル・ビル』のクライマックスでパクられてます。
ユマ・サーマンは脱ぎゃしませんでしたがw
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.143『0課の女 赤い手錠』

公開年:1974年
原作:篠原とおる『0課の女』
監督:野田幸男
脚本:神波史男、松田寛夫
ジャンル:ザ・70年代!濃厚ピンキーバイオレンス映画

143.jpg

女性活躍推進法が施行されるってことで、日本の女性公務員がバリバリ活躍する映画。
なんか意味違う気がするけどまーいいか。

濃いですよー。何もかもくどい。
展開濃い、キャラ濃い、ファッション濃い。
前に感想書いた『ジュテーム・モア・ノン・プリュ』と同時期に作られたと到底思えないベタベタな昭和臭。
ああ濃いのが観たい!昭和の劇画テイストを全身から浴びたい!昭和で体がうずいてたまらないわ!
な気分の時に是非どうぞ。
しかしそんな人間私以外にいるのかよ。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.122『神田川淫乱戦争』

公開年:1985年
監督:黒沢清
脚本:黒沢清
ジャンル:ポストモダンポルノ映画デスマッチあり

122.jpg

今回は黒沢清監督カンヌ受賞おめでとう企画。
『ドレミファ娘の血が騒ぐ』も好きなんですが、あれはちょっとレビュー書くのが難しいwので後回しにしてこちらを書く。
実に80年代らしい、明るく能天気に狂ってるポストモダンなポルノ映画です。オチシーンのあっけらかんな「見え具合」が妙に気に入っているw
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.115『華魁』

公開年:1983年
原作:谷崎潤一郎『人面疽』
監督:武智鉄二
脚本:武智鉄二
ジャンル:トンデモだらけな遊郭エロス流れ旅
注記:18禁ポルノ映画。いろんな意味で

115.jpg

私だって時たま思うんである。
限りある人生の貴重な1時間を潰して、なんだってこんなもん観てるんだろうと。

この世の中には観る前から最中から観た後まで激しく後悔に駆られ悶えてしまう映画がある。
そのひとつが『華魁』であります。

谷崎文学映画の中でもとびきりの異端児で、どーしよーもなくどうしようもない話である。
何がってあらすじ読めばわかる。
未見の方はまずあらすじを読んでから、視聴するか否かじっくり考えてほしいw
こんな映画も世界のどこかにあるんだねーと頭の片隅に入れていただけるだけで十分です。
アメイジング・ディスカバリー・ジャパンムービー。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.110『やさぐれ姐御伝 総括リンチ』

公開年:1973年
原作:凡天太郎
監督:石井輝男
脚本:掛札昌裕 、 関本郁夫 、 石井輝男
ジャンル:痛快!ヌード活劇
注記:18禁ポルノ映画

110.jpg

お正月もパーティー!パーティー!第2弾。
アメリカン70sバカエロに対抗するは、タイトルの通り昭和メケメケ女ヤクザ映画です。

いかにもタランティーノが好きそうなケレン味たっぷりの色鮮やかな神戸の街で、池玲子とビッチ軍団がカッコよく暴れます。
おっぱいはてんこ盛り
石井輝男監督作品といえばエログロ奇形ですが、今作は若干控え目で意外と女子でも楽しめます。
「ご家庭でも」はさすがに無理だがw
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画