No.163『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』

公開年:1986年
原案:高橋源一郎
監督:山川直人
脚本:高橋源一郎、山川直人
ジャンル:くっだらないが癖になるポストモダン新喜劇

163.jpg

お久しぶり~に映画レビューを再開しました。
今回のテーマは日本文学。しかもポストモダン文学。

日本でポストモダン文学といえば、まぁ高橋源一郎ですよね。
その高橋源一郎の初期3部作をベースに高橋源一郎本人がネタを作った、ちょっと珍しい映画であります。

しかし高橋源一郎の小説を2、3ページめくってみた経験がある人ならわかると思いますが、よくこんなもんで映画の脚本書いて撮ってみようなんて無謀な真似したなとびっくりします。
めちゃくちゃハードル高いじゃねーかw
日本文学を映画化した作品の中で冒険しました度ナンバーワンじゃないかと思う。

映画ジャンルとしては前衛で難解。でもなんかどこかお懐かしい匂いがするような。
最初と最後のシーン以外はすべてワンセットで押し通す、三谷幸喜映画以上に舞台劇。セリフは高橋源一郎文学乱れ打ち。なんだけど終わってみればなんだかすごく映画的?
まぁ面白いと思えるかどうかは別にしてw不思議と愛すべき作品。お試しに観てみてください。

続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.162『ドレミファ娘の血は騒ぐ』

公開年:1985年
監督:黒沢清
脚本:黒沢清、万田邦敏
ジャンル:80年代だなあ。エロは足りないポストモダンバカエロ映画

162.jpg

気持ちいい季節ですねー。
こんな日は思い切り振り切ったバカを愛でたいもんです。

って気分で初夏に必ず1回は登場する、明るいバカ映画特集。
今年のネタは遂に来ました。
『ドレミファ娘の血は騒ぐ』a.k.a.『女子大生恥ずかしゼミナール』。

『ドレミファ』の方が世間を上手いこと煙に巻けるいいネーミングだと思うけど、うめめちは元の直球バカ路線タイトルが好きだw

映画のジャンルは以前レビューした『神田川淫乱戦争』と同じ黒沢清監督製作の「ゴダール先生完コピ系ポストモダンエロ映画」。『神田川』よりエロ成分は大幅控え目です。
お目当ての恥ずかしエロシーンはすんばらしい。マイエロシーンBEST10に入れてもいい。
ヒロインの洞口依子は「80年代文化人御用達アイドル」特有のにおいはするが、それを除いても凄みと可愛さがある。
伊丹十三が大学教授役でほんとに眼福です。この人はインテリ大学教授を演じたら古今東西で日本一だと思ってる。

でもそれ以外のシーンは…

素直に言いますと
DVDチャプター再生でお目当てのシーンだけ観たら停止ボタンを押してしまって構わないくらい、心の底からどうでもいい話だと思いますw
洞口依子・伊丹十三・ゴダール先生のどれか好きならおすすめ。
あんまり好きじゃない人も、とってもヒマならまぁ一度は観てもいいかも。

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.150 『裸の島』

公開年:1960年
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
ジャンル:太陽と海と不条理の夫婦SM日記


150.jpg

真夏に新藤兼人監督作品を観よう企画、記念の150作目レビュー。

田舎に寄生して久しぶりにナンシー関の本を読んでたら、夫婦どつき漫才の正司敏江・玲児夫妻にSMプレイを感じるというコラムがありました。
子供の頃に漫才を観た事ありますが、いやーその意見は正しいと思いますw
ちょっと触れたら怖い香りがしますよね、夫婦漫才の中であの人達だけは。

さて昭和漫才界の公開SMプレイが敏江・玲児夫妻のどつき漫才なら、昭和映画界の公開SMプレイは、誰が何と言っても新藤兼人・乙羽信子夫妻の自主制作映画でしょうw
たとえ画面に新藤監督本人はいなくとも、映画は常に夫婦のSMプレイを覗き見するような背徳の緊張感がありますが、その中でも本作は、SMプレイ度では一番だと思います。

画面の最初に「文科省推薦」とテロップが出そうなくらい、クソ真面目な苦労話の社会派映画です。
登場人物は非常に少ない。セリフも無い。シンプルで淡々とした展開。まるでNHK地方局制作の地味なドキュメンタリー映画を観てるよう。
なのにハラハラして目が離せない。画面は常に謎の緊張感と不幸の香りに満ちています。
そして観た後は妙にぐったりして何もかもやる気を失くします。
映画の感想すらなかなか書く気にならんw
要は鬱映画って事ですが、鬱々した中にもじわじわと背徳のマゾヒスティックな味わいがして、えもいわれぬ後ろめたい余韻を残します。

日本映画ベストテンでよく挙げられる名作ですが、「こういう『いかにも日本映画の名作』って苦手」なイカモノ趣味のあなたにも実はおすすめです。
あと、土曜6時にテレビで『人生の楽園』見たり「田舎の村に移住してロハスな生活」なんてブログ読んだりして、「アーリーリタイアして田舎暮らしっていいよねー」なんてドリーム抱きがちな意識高い都会のおっさんおばさんに、頭から冷や水をぶっかけるのにも適してますw
よければどうぞ。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.149 『鬼婆』

公開年:1964年
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
ジャンル:中世肉食女子のドロドロホラー

149.jpg

真夏に新藤兼人監督作品を観よう企画。
夏休み名物・納涼ホラー特集を兼ねて、極め付きの化物映画でお楽しみ

しかし化物映画といっても、そんなにグチョグチョのスプラッターが出る訳じゃない。最後にショッキングシーンもあるけど、白黒だから生々しくないし。
しかしなんか人間ドラマというより「サバンナに生きる野生の動物王国」ドキュメンタリーを観てる気分になる。
最強の肉食ワニvsサバンナの掃除屋ハイエナvs巨体をもんどりうつヌーの大群!生死を掛けた極限バトル!とかいうノリである。

えー本当かよ?また大げさにふかしやがって、と思ったあなた、冒頭10分でいいから観てください。きっと意味が分かるから。

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.147『とべない沈黙』

公開年:1966年
監督: 黒木和雄
脚本: 松川八洲雄、岩佐寿彌、黒木和雄
ジャンル:蝶にとっては命がけ。ロードムービーな前衛オムニバス映画

147.jpg

仕事の出張以外に旅する暇無いんで映画の中でだけ旅する企画、日本縦断(一部海外)の旅。
といっても旅するのは蝶々だけなんだがw

久しぶりに当ブログ王道のATG系。
東宝製作で作ったものの試写で「き○がい映画」と酷評され(ストレートやなw)お蔵入りになりATGに流れてきたという、いわくつきの映像詩系前衛映画。

蝶が旅する
登場人物に名前が無い
加賀まりこが1人7役(しかも役どころは全部「謎の女」設定)
ポスターのデザインがコレ
いかほど難解か想像がつくってもんですね。
しかしさすが元東宝、脇の役者陣がやたら豪華だ。蜷川幸雄氏もチョイ役で出てまして、遅ればせながら追悼も兼ねて。

話の展開なんか全然グダグダわけわかめなのに、観てると不思議なオーラを感じる映画。うめめちご贔屓・鈴木達夫撮影作品の中でもかなりお気に入りの一本です。
映画館で観るより断然DVDがおすすめ。蒸し暑い夏の午後に、冷房きかせた部屋で寝っころがって観ると良いクールダウンになりますよ。
ただし30分以内に爆睡しますがw
不眠解消にガチで効きます。

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画