No.154 『赤い影』

公開年:1973年
原作:ダフネ・デュ・モーリア『今は見てはいけない』
監督:ニコラス・ローグ
脚本:アラン・スコット、クリス・ブライアント
ジャンル:やってません。めくるめく前衛旅情サスペンスホラー

154.jpg

その昔お母様は言いました。
暇があればコンビニでサブカルバカ雑誌を買って読み、オカルト特番・深夜のお笑い番組・B級アイドルバカドラマばっか見てるうめめちに、そんなもの読むな見るなと止めなかったが、時どきテレビの前に座らせるとビデオデッキ(懐かしい)のリモコン押して言いました。
「たまにはちゃんとした名画を観ろ」と。

って事で今回は田舎のお母様に親孝行のつもりシリーズ。
エロバカを捨てて名画を観よう。

第1弾。ニコラス・ローグ監督作品。
これまでに紹介したのは「おにぎりみたいな宇宙船」「わくわく動物丸焼きランド」「あひるちゃん風呂で仲良く3P」とかのヘッポコ要素付きやりすぎ前衛お芸術作品だったが、今度は本気で名画である。
タイムアウトロンドンが選ぶイギリス名作映画第1位!
英国映画協会が選ぶイギリス名作映画第8位!
BBCが選ぶイギリス名作映画第3位!その他もろもろ。
本国イギリスじゃ『逢びき』『ケス』『秘密と嘘』『ウィズネイルと僕』と並んで、業界人インテリ御用達の「これを挙げときゃ間違いなし」な玄人好みの名作です。

ただし。
どんだけ名作と讃えられようが、また名作と呼ばれるにふさわしくヘッポコを封印して編集に超絶技巧を凝らし麗しく撮ってようが、所詮ニコラス・ローグはニコラス・ローグ、「文字で書き起こすと単純でつまらない話を見事に正体不明なお芸術に撮る」世界有数の天才めくるめく派監督ニコラス・ローグ様なのだ。
冷静に考えたら「これのどこがイギリスNo.1やねん」とツッコミたくなる話であります。
いや、名画は名画なんだけど。

続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.153 『カラヴァッジオ』

公開年:1987年
監督:デレク・ジャーマン
脚本:デレク・ジャーマン
ジャンル:ゲイと成り上がり美女と脱ぐショーン・ビーンのお芸術ドロドロ映画

153.jpg

秋のお芸術特集第2回。
芸術といえばやっぱ絵画だねー。って事で1年ぶりにデレク・ジャーマン監督作品がご登場。
去年の『エドワードⅡ』は実に私好みのげっすいドロドロ愛憎関係でしたが、今回の『カラヴァッジオ』も主人公がゲイの絵描きですから愛憎ドロドロです。
映像・音楽も凝ってるしサンディ・パウエルの衣装もきれいですし、カラヴァッジオやバロック映画が好きだともちろん至福ですが、あんまり興味無くても楽しめます。

カラヴァッジオ役は『エドワードⅡ』にも出てたナイジェル・テリー。
同じく王妃役のティルダ・スウィントンがファムファタルな美女を演じますが、そんなことより今作の目玉は
ショーン・ビーンの映画初出演作。イケメンモデル役で脱ぎまくり
でありますよ。

それがもう想像以上に若い!イケメン!金髪ヤンチャ系!いい筋肉!
男も女も翻弄するセクシーな役どころでたまりませんわー。
昔レビューした『愛の悪魔』のダニエル・クレイグ裸祭りとかこういうの観ると、「若いイケメン俳優は全員お芸術監督作品で脱いでおくべきだ」と鼻息荒く主張したいですね。いやまじで。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.135『ケン・ラッセル 肉体の悪魔』

公開年:1971年
原作:オルダス・ハクスリー『ルーダンの悪魔』
監督:ケン・ラッセル
脚本:ケン・ラッセル
ジャンル:お下品満開罰当たり!前衛アングラ映画

135.jpg

秋の英国祭りその3&ハロウィンなので魔女ネタコスプレ映画をひとつ。

うめめちが心から偏愛するイギリス映画界の前衛暴れん坊将軍、変態ケンちゃんことケン・ラッセル監督作品。
前衛アングラバリバリ
あやしいコスプレバリバリ
下品もバリバリ

こーんなに楽しい作品なのに、残念ながら日本版は未DVDだ。
でも『卑弥呼』すらDVDになったんだし、ひょっとすると念じていればいつか発売されるかも!
お願いしますDVD!
DVD!
D・V・Dーーー!!
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.134『パフォーマンス/青春の罠』

公開年:1969年
監督:ドナルド・キャメル、ニコラス・ローグ
脚本:ドナルド・キャメル
ジャンル:ギャングとロックスターの頽廃隠れ家映画

134.jpg

秋の英国祭その2。
英国インテリ大好きなニコラス・ローグ作品。
No.132『華氏451』じゃ物足りねー!とご不満の、ゴリゴリ硬派な前衛めくるめく派におすすめ。

同じニコラス・ローグ撮影作品でも『華氏451』にはトリュフォー監督という良識派ストッパーがいましたが、今作はケネス・アンガーの伝説の悪魔崇拝映画『ルシファー・ライジング』に出演歴があるアレな思考の持ち主ドナルド・キャメル監督と共同作品ですから、前衛めくるめくを止める者無し。

「仲間を裏切り追われるギャングが、ひょんな事からロックスターの隠れ家に逃げ込んて、ロックでサイケな一夜を過ごした」なる単純な話をよくもここまでいじくり倒してドラッギーな映画に仕立てますなwあきれるくらいやりたい放題です。
おかげで映画会社から2年間お蔵入りになり、試写会で途中で席を立つ人が続出するなど、当時は散々な評価だったらしいですがが。

まぁ前衛映画でお蔵入りは勲章ですけどねw
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.133『エドワードⅡ』

公開年:1991年
原作:クリストファー・マーロウ
監督:デレク・ジャーマン
脚本:デレク・ジャーマン
ジャンル:おバカホモvs不倫妻カップルのドロドロ歴史劇

133.jpg

秋は英国。
ひらかたパーク大菊人形展、USJハロウィンナイトに並ぶ関西地方秋の3大イベントといえば。
阪急百貨店英国フェアですね。

関西のおばちゃんの心を不思議に惹きつけてしまい、気が付けばカロリー激高で粉っぽいパサパサ上等な英国おやつとかエリザベス女王の首振り人形とかタータンチェックのストールなんかを買っちゃう魔のイベントですね。
今年もやってくるらしい。

という事で便乗企画、秋の英国祭。
90年代お前衛映画好きなら誰もが1度はかぶれた事があるだろう、デレク・ジャーマン監督作品です。

詩と思想とゲイ趣味をコラージュした、意識高くねえとよくわかんねえド前衛作風のデレク・ジャーマン作品群の中では、例外的に話がわかりやすい唯一の映画。

原作はシェイクスピアと同時代に書かれた古典歴史劇で、そりゃもう格調高く詩のようなセリフで中身はドロドロにエグいお話ですが、さらに現代のゲイ事情をミックスさせて
実にゲッスいメロドラマに仕上がっております。

話はドロドロの下半身事情、演出と舞台装置はド前衛。
ピーター・グリーナウェイよりギンギラ絢爛度は低いけれども素晴らしくうめめち好み。
若き日のティルダ・スウィントンのコスプレ祭りも見どころです。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画