スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.117『闇のバイブル 聖少女の詩』

製作年:1969年
原作:ヴィーチェスラフ・ネズヴァル『少女ヴァレリエと不思議な一週間』
監督:ヤロミール・イレシュ
脚本:ヤロミール・イレシュ
ジャンル:ゴシック耽美ガーリーファンタジー

117.jpg

お前ロリショタじゃねーかと言われようが別にいい。
少年少女の春のめざめがテーマの青春映画が好きなんだあ!!

いきなり心の叫びから始めてみましたが、今回のお題は春だから春のめざめ。
思春期の美少年・美少女が主人公の前衛お芸術ゴスロリ映画業界で大傑作とうたわれる、『闇のバイブル 聖少女の詩』であります。
製作は前衛カルトガーリー映画の聖地、冷戦時代のチェコスロバキア共和国。
さすがのクオリティです。

だがなにせチェコのヌーヴェルヴァーグ映画。前衛の歯ごたえはありまっせー。
セリフ少ない。状況説明もほぼ無い。耽美だが思わせぶりな抽象ショットだらけ。冒頭からわけわかめの嵐であります。

ただ原作が長年未邦訳だったので、それがわけわかめの主な原因でしたが、昨年暮れに念願の邦訳が出た!!
わーいと発売日に即購入。わけわかめポイントが解消されてスッキリー。


少女ヴァレリエと不思議な一週間少女ヴァレリエと不思議な一週間
(2014/11/20)
ヴィーチェスラフ ネズヴァル、黒坂 圭太 他

商品詳細を見る


原作もゴシック風味盛りだくさんでおすすめですが、個人的には映画を観てから読んだ方が良いと思う。
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.100『ざくろの色』

製作年:1968年/1971年
監督:セルゲイ・パラジャーノフ
脚本:セルゲイ・パラジャーノフ
ジャンル:アヴァンギャルドエキゾチック映像詩

100.jpg

ついに100回目ですよ。
目標の100作品レビュー達成ですよ。
自分でもここまで続くと思わなかったよビックリした。
小学生の夏休みドリルが三日坊主どころか2日で挫折してばかたれと叱ってくれたおかあさーん。見てますかー。

そんな自分へのご褒美(スイーツな言葉だな)には、世界メケメケ映画界(そんなものあるのかよ)の巨匠、偉大なるセルゲイ・パラジャーノフ監督の華麗なる幻想映像詩でお祝いだ。
さあ真の前衛の世界に酔いたまえ。
酔って感動するか爆睡するかはあなた次第でw

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.071『サイレンス』

製作年:1998年
監督:モフセン・マフマルバフ
脚本:モフセン・マフマルバフ
ジャンル:かわいい系アジアン映像詩

071.jpg

年末に色々忙しくてお疲れー状態なんで
素朴なアジアン美少女を眺めてほっこり癒されようかと

イランのアート系映像作家、マフマルバフ監督作品。
アート系でもメケメケじゃなくて中央アジアの香りたっぷりな映像詩です。
この手のポエムなミニシアター映画にしては粗筋がつかみやすくて、前衛系が苦手な方にもおすすめ。

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.060『ひなぎく』

製作年:1966年
監督:ヴェラ・ヒティロヴァ
脚本:ヴェラ・ヒティロヴァ
ジャンル:前衛ガーリーグルメムービー

60.jpg

サブカル女子が愛するガーリームービーにもいろいろ系統がありまして、「女子好みのカワイイもので画面が埋まってる」基本テイストはどれも変わらないですが、話もゆるくてふんわり系と、話は結構毒舌だったりする系がある。

今回紹介する『ひなぎく』はガーリームービー業界では有名な作品。
『プラハ!』と同じ60年代チェコが舞台。
だけど『プラハ!』が「後の世からプラハの春をノスタルジックに振り返る」作品なのに対して、『ひなぎく』はリアル社会主義体制時の1966年製作。そのため話はかなり毒系です。
映画が原因で監督が弾圧されたとあって、気骨のある毒っぷりを見せてくれる。
ガーリームービー界の暴れん坊将軍と言ってよい。

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.059『プラハ!』

製作年:2001年
監督:フィリプ・レンチ
脚本:ズデネク・ゼレンカ、フィリプ・レンチ
ジャンル:チェコ版アメリカングラフィティ?

59.jpg

まだまだ暑いので、さわやか系で。

チェコ現代史で有名な事件『プラハの春』を扱ってます。
でも「1968年チェコスロバキアにおける『プラハの春』とソ連の軍事侵攻をテーマにした映画」と説明されて観るとずっこけます。
ソフィア・コッポラの『マリーアントワネット』を「フランス革命とブルボン王朝最後の王妃の悲劇の生涯をテーマにした映画」で観るのはありえねー!のと同じ理屈です。

映画の9割はプラハの春とかあんまり関係なし。バリバリのガーリーミュージカル映画です。
「プラハの春の悲劇」を映画で観るんだったら『存在の耐えられない軽さ』とかの方が良いです。
USインディバンドのPVみたいなセンスの可愛いレトロファッション&アイテム満載で、ゆる系ガーリームービー好きなら楽しめます。

が、残りの1割に不思議な後味あり。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。