スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.145『何かいいことないか子猫チャン』

公開年:1965年
監督:クライブ・ドナー
脚本:ウディ・アレン
ジャンル:もててもてて困るんですおバカなセラピーラブコメディ

145.jpg

最近色々とお疲れなんですわ。
癒されたい気分ですわ。
バート・バカラックでもほっこり聞きたい感じ。
映画の趣味は変態だが、音楽の趣味は案外月並みであります。

で、今回はバート・バカラックの曲が聴ける映画。
といっても『明日に向かって撃て』や『アルフィー』みたいな名作じゃなく、くっだらないパッパラパーなおしゃれラブコメ映画であります。こういうのが一番癒されるんだよ文句あるか。

ちなみに公開当時はともかく21世紀の今日び、本作が紹介される時に使われてる売り文句は、うーん…「ウディ・アレンの脚本家&出演デビュー作!幻の60sカルトコメディ!」だったりする。DVDのパッケージからして、『オースティン・パワーズ』やレトロおしゃれなサブカルアート映画好き辺りを当て込んだっぽい雰囲気。
しかも何故にゴリゴリ前衛の紀伊国屋レーベルw
パッパラパーなバカ映画を出すレーベルじゃないだろw
可愛いけどあんまりサブカルカルト方面を売りにされると、せっかくのおバカな魅力が半減するような。
でもまぁ身も蓋も無く言っちゃなんですが、ウディ・アレン脚本のおしゃれ系作品なんて当ブログで紹介するのは後にも先にもこれ1本だけだと思いますんでw
春の珍事と思ってお楽しみください。
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.120『レポマン』

公開年:1984年
監督:アレックス・コックス
脚本:アレックス・コックス
ジャンル:ゆる~いアホアホアメリカンSFアクション映画

120.jpg

からっと晴れた五月の青空にはネジの外れたアメリカンバカがよく似合う。
ゆる~いサブカル映画特集その3。

『シド・アンド・ナンシー』のアレックス・コックス監督の、ねじれたパンクテイストたっぷりな長編第1作。
というよりは80年代サブカルカルト(バカ)映画の決定版として世界のその筋マニアにこよなく愛される逸品。
これはゆるいよ~。
最後まで観ると頭がスライムになりそうだw
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.109『ワイルド・パーティー』

公開年:1970年
監督:ラス・メイヤー
脚本:ロジャー・イーバート
ジャンル:おっぱい&バカてんこ盛りミュージカル

109.jpg

イエ~イ、パーティー!
お正月はパーティー!パーティー!
祝い酒で酔っぱらって頭ハジけた気分で観ればとってもいい感じのバカ映画。

カルト映画マニアには説明不要と思われますが、アメリカの駄作の帝王、ラス・メイヤーが製作したくだらない事この上ないZ級映画。
70年代のハチャメチャLAロック業界を舞台に
おっぱい・変態・セックス・おっぱい・ロック・クスリ・おっぱい・サイケパーティー・デカ尻・おっぱい・SM・ついでに殺人パーティー!
という、一応体裁はミュージカル青春映画で中身はおっぱいてんこ盛り映画です。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.108『パープルレイン』

公開年:1984年
監督:アルバート・マグノーリ
脚本:アルバート・マグノーリ 、 ウィリアム・ブリン
原案:たぶんプリンス
音楽:もちろんプリンス
ジャンル:プリンス成分100%俺様ロックミュージカル

108.jpg

2014年おつかれちゃーん。

身心疲れ切った年の瀬におちいりがちな「おらぁ今はなーんにも考えたくねーだ」モードの夜なべに、酎ハイ片手に寝転びながら観るのがおすすめな、脳細胞を1個も活用せずに鑑賞できる映画。それが『パープルレイン』w

80年代アメリカンミュージックを代表する名曲のひとつ、『パープルレイン』が出来るまでを描いたロックスターのバックステージもの、と言えば聞こえが良いが要は俺様ロックミュージカルバカ映画だ。

ちなみにこの映画はプリンスの伝説エピソードで最も有名と思われる、「ハーレーがデカ過ぎてまたがれないプリンス様(身長158㎝)のために、ホンダのバイクを改造してお作りあそばしたお子ちゃまサイズの紫のパチもんハーレー」が観れるので有名でありますw
アルバムジャケット画像だとマシに見えるが、動く実物は結構笑える。
観てみたい方は是非どうぞ。
続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.088『THX-1138』

製作年:1971年
監督:ジョージ・ルーカス
脚本:ジョージ・ルーカス、ウォルター・マーチ
ジャンル:白い空間に追い詰められるディストピアSF映画

088.jpg

いつものマイナーバカ映画や前衛映画ならDVDがあれば御の字なのに、
ブルーレイにディレクターズカットにディレクターズカット特別版まであるなんて!
ぜいたく過ぎてくらくらしまう。さすが巨匠ジョージ・ルーカス。

今年は白が流行ってるからというくだらない理由で『THX-1138』です。
といってもSF映画は大抵白と銀色使いが多いですが、この映画は嫌になるほど白づくし。画面の8割まっしろしろ。
そして人間はハゲづくし。
なんか観てると潔癖症になりそうな映画だ。

続きを読む
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。