スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.014『怪談/KWAIDAN』

製作年:1965年
原作:小泉八雲『耳なし芳一の話』ほか
監督:小林正樹
脚本:水木洋子
ジャンル:歴史お芸術ホラー映画オムニバス

014.jpg

なんで大河ドラマ『平清盛』最終回の壇ノ浦はあんなにしょぼいんだー!
楽しみにしてたのにー!
義経の最期とか武士の世とかどーでもいいだろ!平家物語の見せ場つったら何が無くても壇ノ浦だろが!45分丸々壇ノ浦スペシャルでもいいよ自分は!
最後だけでもビシッと決めてくれよNHK!

という事で、欲求不満なので「耳なし芳一の話」でも見て壇ノ浦成分を補充する事にしました。

『怪談』は60年代の時代劇には珍しい総天然カラー映画であります。
当時の日本映画美術の威信をかけ、多額の製作費と豪華キャストを投じて制作されたらしい。

この作品は60年代の他作品と異なる、言葉に表しがたい不思議な美しさがあります。
当時ATG系とかで流行っていたアングラ映画っぽさも、リアル時代劇な成分も無い。小林正樹監督作品は『切腹』等のリアル時代劇が有名だったので、リアルテイストぽくないのは想定外だった。
だからってクラシック時代劇の様式美も感じない。音楽も映像もとびぬけてモダンでアヴァンギャルド。

例えば武満徹のミニマムミュージックをBGMに、水にインクを落としてゆらゆら流れる粟津潔デザインのタイトルバック。
ヴェネツィア・ビエンナーレの出品作じゃないですよ、と注釈入れたくなるほど抽象芸術なデザインで、これが昭和の時代劇のオープニング?信じられないほどモダンです。

昔は良かったとあんまり言いたくないんですが、これほどすばらしく挑戦的で尖った映像美と出遭うと、昭和の日本映画美術って凄いなあと驚く。
動く美術品だ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.013『江戸川乱歩全集 恐怖奇形人間』

製作年:1969年
原作:江戸川乱歩『パノラマ島奇談』ほか
監督:石井輝男
脚本:石井輝男・掛札昌裕
ジャンル:耽美とロマン!そしてエロティシズム!

013.jpg

国内版ソフトは無く、海外仕様のDVDしか無い模様。内容が内容だししょうがないですねw

アングラ映画好きには知らぬ者なしの怪作映画。
聖なるクリスマスにこれを語るとは光栄の極みですね。

タイトルに「江戸川乱歩全集」とある通り、『パノラマ島奇談』をベースにして『孤島の鬼』『屋根裏の散歩者』『人間椅子』とかの江戸川乱歩作品の有名どころをぐちゃぐちゃに混ぜたオリジナルストーリー。

乱歩原作の映画はエログロバカの宝庫で、思い返せばけっこう見てるなぁー。美女シリーズも大大好きだし。
監督も石井輝男、実相寺昭雄、増村保造、加藤泰、若松孝二などの奇才ぞろいでどれも見応えたっぷり。うひゃー最高!

なんで乱歩小説の映画化にこぞって乗り出してるかというと、『乱歩』とさえ冠つけとけばエロもグロも変態もやり放題!っつう免罪符の役割があることと、小説自体にも魅惑的な設定だけはあるが、その割に人物の心理や背景をコマコマ突っ込んだ描写が少なく、「俺が萌えるエログロシチュエーション」を映像に盛り込みやすいからだと思われる。

そんな強者揃いの乱歩映画群のなかで本作は制作から40年以上経つ現在でも、
名作度はともかくグロ度・キチ度・バカ度は乱歩映画ナンバーワン
と讃えられる正真正銘のカルトバカ映画であります。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.012『マタンゴ』

製作年:1963年
監督:本多猪四郎
脚本:馬淵薫
ジャンル:男女7人が孤島でドロドロレトロな特撮SF映画

012.jpg

今回は昭和日本が誇る昭和モンド特撮映画の名作であります。

「マタンゴ」というタイトルの響きがいい。
一度聴いたらまず忘れがたいインパクト。たった4文字でB級モンドの香りがねっとり漂う語感が素晴らしい。なんか人生の世知辛さにやけっぱちになったとき人目を憚らず叫んでみたくなりますな。
あまりに響きが良すぎちゃって、ドラクエのキャラになったくらいである。

マタンゴ!
マタンゴ!
マタンゴ!
マタンゴ!
と4匹セットで現れるあいつらです。

wikipedeiaによると本作はあの慶応ボーイなお坊ちゃま、加山雄三主演『ハワイの若大将』と併映されたそうで(そして明らかにこちらがB面扱い)、若大将シリーズに対抗するがごとくお坊ちゃまとセレブなヨット仲間が海で遭難してエゴ丸出しの仲間割れを繰り広げるという、制作者側のどす黒い怨念に満ちた作品に仕上がっています。
こういう当てつけが昭和らしくていいねw
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.011『リリィ・シュシュのすべて』

製作年:2001年
監督:岩井俊二
脚本:岩井俊二
ジャンル:いたたた!厨二病まっしぐら★SNS青春映画

011.jpg

今回はこっ恥ずかしさで身悶えながらレビュー。

少年少女の触れたら壊れそうな繊細な心象風景
平成日本のリアルな現実を描いたストーリー
カリスマ女性シンガーのファンSNSを巡る詩的宇宙
岩井俊二が自ら執筆するネット小説と、小説サイトBBSでのリアルタイムなレスポンスから発展した双方向的な制作過程
ネット世代の新しい《映画》のかたち

いやぁー!らしくねえー!
こんなこと書いてる自分がキモくてキモすぎる!
厨二病アイテムフル装備!自意識過剰パワーMAXフルスロットル!どこから切ってもイタい、イタいよ!


しかれども、こういう身悶えするような厨二病言葉を使わなければ作品世界が説明不能という、レビューする上で厄介な存在が岩井俊二映画でありますw野島伸司ドラマもそうだがw
昭和メケメケ趣味とは日本とブラジルくらい離れてるテイストの映画ですが、面白いところもありますのでよければどうぞ。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.010『地球に落ちてきた男』

製作年:1977年
監督:ニコラス・ローグ
脚本:ポール・メイヤーズバーグ
ジャンル:難解でちょっと哀愁SF映画

010.jpg

はじめてこの映画を観た時は衝撃だった。
学生時代に小難しいサブカル系映画を漁っててミニシアターやイベントをはしごしてた頃で、この手の前衛カルトなストーリーには
すっかり慣れちゃったと思ってたんだが、予想の上を行く不可解加減だった。

なにせ映画を観てて、
はぁ?
はぁ?
はぁ?
はぁ?
はぁ?の言葉が脳内で凄い勢いで増殖するんである。

それまで見てきたメケメケお芸術映画はセリフがやたら哲学的で小難しくても、エピソードに飛躍がありすぎてても、一応ストーリーらしきものに従って話が進んでいた気がします。
ところがこいつは頭からストーリーが読めん。
散りばめられたエピソードの破片を頭の中でパズルみたくつないで、何とか話をまとめようとしても、次のシーンでまた全然別の方向に飛んでいく。
頭が?マークだらけでも我慢して観てる内に何かもう悲しくさえなってきて、「わけわかめ」と死語をつぶやいてました。

それでも辛抱強く観続けてると、ほとんどラストに近くになってからようよう話の全体像が見えるという実に意地悪い構成になっていた。
さすが英国人が大好きな前衛アート系監督ニコラス・ローグが制作した伝説のカルト映画。
俺をやすやすと理解されてたまるか!なヒネた矜持を感じます。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。