No.033『月光の囁き』

製作年:1999年
原作:喜国雅彦
監督:塩田明彦
脚本:西山洋一・塩田明彦
ジャンル:ポチと女王様の変態青春物語

033.jpg

私が勝手に「ポチもの」と呼んでいるジャンルがある。
優等生で頑張り屋だが最近心寂しい美女が瞳がキラキラウルウルした仔犬系男子と出会い、犬とご主人様みたいな癒し恋愛をするドリーミーな話であります。

10年前に『きみはペット』というタイトルの身も蓋も無くポチもの少女漫画が流行った。
ドラマにもなった。バリキャリ美女(小雪)が段ボール箱に入ってた仔犬系美少年(松本潤)を拾い、ペットとして住まわせるという話だった。
そのまんまですな。
私は意外と月9キラキラスイーツドラマも好きなんだが、あからさまに女子の妄想叶えましたみたいなクソ甘々なラブストーリーはちょっと苦手だ。見てると背中がかゆくなる。

しかし甘々スイーツなポチものジャンルって、たまに化けるから面白い。
例えば優等生で頑張り屋だが最近心寂しい美女が、瞳がキラキラウルウルして可愛いが妙に依存心の強い仔犬系男子と出会い、精神を(時に金やキャリアや人間関係も)破壊される。本人たちは「何もかも失ってもいい、愛さえあればいい究極の純愛なの☆」に酔いしれて頭お花畑だが、視聴者の方が「それってどうよ?」とドン引きするというlドリーミーホラーな恋愛物語である。

さて本作。
寝取られ(NTR)系のちょっと変態な青春映画で知られてますが、地獄のポチホラー映画としても楽しめます。
パッと見は地味な平成日本映画だけど、なかなか考えされる佳作ですよ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.032『Walkabout 美しき冒険旅行』

製作年:1971年
原作:ジェームズ・ヴァンス・マーシャル
監督:ニコラス・ローグ
脚本:エドワード・ボンド
ジャンル:アヴァンギャルド冒険映画

032.jpg

後味の悪い映画だ。
どうにも納得いかん映画だ。

でもニコラス・ローグの映画っていつもそんなのばっかりじゃねーか?と言われればまぁその通りです。『地球に落ちてきた男』も哀しいラストシーンだったし、『赤い影』や『ジェラシー』はバッドエンドの極みだし。

でも他の映画は悲惨なオチでも納得感はあるんだが、『Walkabout美しき冒険旅行』だけは消化しづらい後味の悪さがざらりと心に残る。
オチが無いとかありえないという話じゃない。いかにもニコラス・ローグっぽい回りくどい構成だがオチはちゃんとある。だからこそ、「こんなオチってありかよー!」な苦い想いを噛み締めるんである。
それが無きゃ好きな映画なんですが。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.031『魔界転生』

製作年:1981年
原作:山田風太郎
監督:深作欣二
脚本:野上龍雄・石川孝人・深作欣二
ジャンル:ちょいエロオカルトサイキック時代劇

031.jpg

『宇宙からのメッセージ』に続く、深作欣二監督の邪道時代劇もの。
70~80年代初頭の小学生にオカルトブームが起こり、そのブームの流れを受けて制作されたオカルトサイキック大作映画だそうだ。
うめめちもノストラダムスの大予言とか矢追純一のUFO特番とかのオカルト特番をよく見た記憶が残ってる。あの頃はテレビで毎週オカルト特番やってなかったか。好きだったなあオカルトもん。真実とは全然思っちゃなかったがw
『魔界転生』も昔にテレビで観た記憶があるんだが、沢田研二がド派手な超時代劇衣装で「エロイムエッサイム」と呪文を唱えるのと、沢田研二と真田広之のキスシーンだけを覚えてて、実はどんな話かすっかり忘れてた。

こないだ観返してはじめて知った。
天草四郎の話だったのか…!
ずっと室町時代か戦国時代だと思ってた。何の話だと思って観てたんだろう?当時の自分。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.030『宇宙からのメッセージ』

製作年:1978年
原案:石ノ森章太郎
監督:深作欣二
脚本:松田寛夫
ジャンル:日本版スターウォーズなスペースオペラ

030.jpg

おバカな感想をちまちま書いて30作目。
わーい目標まであと70作品だ。気ままなペースでがんばるぜ!
おめでた指数が高そうな東映時代劇で祝ってみる。

本作は『スターウォーズ』大ヒットの翌年公開された、当時世界各地で山ほど作られただろうパチモンSF映画のひとつだ。

あからさまにレイア姫な「メイア様」も出てくるし、R2-D2激似の執事ロボット「ベバ2号」もいる。ライトセーバーでのチャンバラもあり、パチモン指数は相当高い。
『柳生一族の陰謀』と同じ深作欣二監督なので、柳生風味のする東映宇宙チャンバラ時代劇仕上げ。JAC軍団を始めとするキャストも使い回し感がする。
さすがに萬屋錦之介や山田五十鈴は出てこないが。

物語は「南総里見八犬伝の宇宙バージョン」だが本家スターウォーズほど壮大なサーガがある訳でもなく、東映時代劇らしいぬるさ満開の脚本である。
特撮4億円という当時破格の製作費をかけた映像も、21世紀の今から見ればもちろんしょぼい。
といえフルCG映画では再現しがたい懐味わいがあり、東映時代劇らしい見どころ(笑いどころ)もちゃんとあります。
バカ映画ファンなら観ないと一生損するレベルの傑作ですw
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.029『化粧師/KEWAISHI』

製作年:2002年
原作:石ノ森章太郎『八百八町表裏 化粧師』
監督:田中光敏
脚本:横田与志
ジャンル:コスメでお悩み解決!女の美と自立と涙の大正ロマン

029.jpg

女という生き物は化粧が好きだ。
とまで断言できないが化粧好きな女は多い。
そして金と暇があればプロのメイクさんに毎日化粧してもらいたいと考えている。

化粧の何が好きかって自分が美しくなるのはもちろん、化粧道具を見てうっとりするのが好きなのだ。
色鮮やかなネイルが入った小瓶。
ほんのり紅色に染まるチークのコンパクト。
回すとくりくり出てくる口紅。
香水のクリスタル瓶。
ちっちゃい眉毛カットはさみ。
どれもこれもキュートすぎて見るだけでアガる。女が化粧品売場で長居するのは、買うのと選ぶのだけが目的じゃありません。

しかし反面、自分で毎日化粧するってすごくメンドクサイのもまた事実だ。
男より早く起き、目も覚めないうちから化粧をしにゃならんのは正直しんどい。
アイラインや眉尻ラインを引くには手元の技術と集中力もいるし、心上の空でもそれなりにできる掃除洗濯と違って、心を無にしなきゃ作業進まない。坊さんが座禅を組むがごとく、化粧には日々の修行根性が必要なのだ。いやまじで。
女性誌のメイクアップ講座がたまに女性論やスピリチュアル方面にいっちゃうのは、メイクが修行に似てるからだと思っている。
とするとメイクを終えて鏡で自分の顔見た時に、うっとりして気持ちパーッとアガるのは座禅効果か。あるいはランナーズハイか。

という前置きはともかく『化粧師』は、プロの天才メイクアップアーチストに綺麗に化粧してもらった女たちが、うっとりして気持ちパーッとアガったついでに本当の自分に気づくって感じの話である。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画