スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.037『月曜日のユカ』

製作年:1964年
原作:安川実(ミッキー安川)
監督:中平康
脚本:斉藤耕一・倉本聰
ジャンル:レトロキュートだがゆるゆるな小悪魔女子映画

037.jpg

とにかくキュートなガールムービーが観たーい!って衝動に駆られたときにおすすめ。
映画秘宝の日本映画ムック本『鮮烈!アナーキー日本映画史1959~1979』の表紙でもおなじみです。

日本の小悪魔女子といえば加賀まりこに尽きる。
バービーみたいにキレの良い可愛さを持ったガール女優って、日本はカワイイ文化の国なので大勢いるかと思えば意外に少なかったりするのが日本映画の難点ですが、その中でこの人の存在は貴重だなあと思う。
ファッションもレトロ可愛いだらけで満足。
ただし主人公の頭はスーパーバカだが。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.036『夢の島少女』

製作年:1974年
監督:佐々木昭一郎
脚本:佐々木昭一郎
ジャンル:難解映像詩系ファンタジードラマ

DVD、VHSとも未販売。
数年前にNHKアーカイヴスで観れましたが、2013年4月現在は放映終了しちゃった様子。

日本のテレビドラマは一部BS・CS放送を除いて誰もが見れる公共放送であります。
そのため老若男女誰でも、食事しながらとか別の作業しながら見てもあらすじを理解できるよう、ドラマの脚本は分かりやすく工夫されています。
「脚本が下手だからわかりづらい」ケースはあるけれど、好きな人だけが金を払って観る映画とは土俵が違いますので、「わからない奴は観るな」と突き放す難解芸術ジャンルのドラマ作品などほぼありません。

でも昭和時代のドラマは、たま~にテレビ放送されてたのが不思議なくらいシュールで難解なブツがあったりする。
NHK単発ドラマとして放送された本作品は、日本のテレビドラマ史の数々の作品の中で最も難解な作品のひとつじゃなかろうか。
食事しながら見てもあらすじは絶対わかんない。集中して見てもわかんないがw
興味があれば探してみてください。
続きを読む
関連記事
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。