No.040『田園に死す』

製作年:1974年
原作:寺山修司
監督:寺山修司
脚本:寺山修司
ジャンル:アングラメケメケ成分たっぷり半自伝映画

040.jpg

2013年は寺山修司没後30周年のテラヤマイヤー。

うめめちは寺山修司をリアルタイムで知らない世代ですが、仕事関係界隈に好きな人がぼちぼちいて、そういう人達の間じゃテラヤマ企画はそれなりに賑わってますが、世間一般はどうなんでしょ?
と思ってたらフツーのゆる系雑貨カフェの本コーナーで、フツーな中高生が寺山修司の文庫本を熱心に立ち読みしてるのを見た。
すでに教科書に載ってるし夏休み推薦図書の常連だし、このまま昭和の文豪化されちゃうのかな。うそぉ。
アングラサブカルも100年経てば偉人ってか。
日本の文化の本流とか良識って何なのかな。

よく分かんないがそれはさておき、寺山修司の短歌と俳句と映画が好きだ。力石徹の葬式するイベント?感覚はアレだが。
他の同時代作家みたいに左巻きな全共闘理論とかしないし、小難しい割に平成世代でも世界観に入りやすい。
映画はザ・昭和メケメケアングラ!な部分と、シュールコントじゃねーか!って笑える部分と、ピュアでロマンチックな部分が混じりあう、バリバリ昭和日本だけど国籍不明でもある摩訶不思議な世界です。
他のアングラ作家と同じようで何かが違う。映像センスをパクった人が一杯いたのもうなづけるw
昭和アングラに興味が無くても「どこかのCMや誰かのミュージックビデオで見たような」感が味わえますので、見た事なければ一度はどうぞ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.039『星くず兄弟の伝説』

製作年:1985年
原案:近田春夫
監督:手塚眞
脚本:手塚眞
ジャンル:サブカルノリな和製ロックミュージカル

039.jpg

80年代は日本映画が不毛地帯だったと言われる。
ヤンキー映画とアイドル映画と文芸映画くずれと軽ノリトレンディ映画しかなかったじゃないかと。

言いたくなる気持ちは分かる。古き時代の黒澤とか小津とか溝口とか名作の顔をした名作は確かに少ないし。ATG系前衛映画も勢いが無い。
だけど80年代映画が大好きだ。
この頃の作品はバブルイケイケ日本でしか作れない、悪趣味すれすれの無軌道な勢いがあった。

手塚眞の長編映画デビュー作『星くず兄弟の伝説』も、おバカで軽くてださキッチュなインディ映画だ。
80年代でしか作れなかった空気感が詰まってる。監督は手塚治虫の息子で自主製作映画撮ってた25歳。プロデューサーの一瀬隆重はなんと23歳!
主人公役はインディ系ミュージシャン。原案の近田春夫からしてミュージシャンだし。
こんな素人ノリ集団が考えたおバカな企画にミュージカル映画1本撮らせる資金を提供するなんて、バブルでしかありえない冒険だ。当時は本気で金余ってたんだなーと実感します。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.038『HOUSE』

製作年:1977年
監督:大林宣彦
脚本:桂千穂
ジャンル:美少女アイドルホラー映画

038.jpg

アイドル映画だーいすき!
B級ホラー映画だーいすき!
やりたい放題の実験映画だーいすき!
なのにまだ『HOUSE』を見てないキミは今すぐレンタルビデオ屋へレッツゴー!

大林宣彦作品の割にマイナーな映画だけど、『転校生』や『時をかける少女』みたいな「いかにも大林宣彦」な抒情的青春映画に
ピンと来ない人の方が楽しめるかもしれません。
ホラーもアイドルもメケメケもまとめて楽しめてポップでキュートで美少女ヌードもばっちり見れる!
ひと粒で3度おいしいよくばり映画なのだ☆

と、昭和80年代アイドル映画ぽくポップでキュート☆に書いてみた。
うーん映画に比べていまいち抜けが足りんような。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画