No.045『からっ風野郎』

製作年:1960年
監督:増村保造
脚本:菊島隆三
ジャンル:どこかヌケてるヒロイックヤクザ映画

045.jpg

昭和文芸つながりで、遂に三島由紀夫先生のご登場です。

どこかで三島由紀夫vs寺山修司の対談を読んだ時、対談内容よりふたりのスタンスが面白くてなんか笑ってしまった。
己のナルシズムを笑われまい突っ込まれまいと互いに一定の防衛線を張った上で、話の節々で相手の防衛線をおちょくり、ちょいちょいと崩しにかかるのだ。
対談ってよりキャットファイトだろこれ。

「自分出たがりでナルシストのマルチ作家」という「文芸界で世間が最もつっこみやすい小説家」なスタンスではふたりは似てるが、若干違うところがある。
寺山修司の方が、ナルシズム防衛線の張り方が一枚も二枚も上手だ。

三島由紀夫はナルでもお坊ちゃまのお人好し。山は高いが防衛が雑で突破されやすい。
要は世間のみんながつっこみやすい。
寺山修司のナルにまともにつっこむには本人ばりのレトリック術かタモリ並の名人芸が要るが、三島由紀夫へのつっこみはあまたあるからなあ。


よちよち文藝部よちよち文藝部
(2012/10/21)
久世 番子

商品詳細を見る


近頃のつっこまれ例はマンガ『よちよち文藝部』の三島由紀夫回が面白かった。
自分の自爆をヒロイックに演出し、そのための素敵な小道具をいそいそと準備し、若い美形に見つめられながら自爆したいっつう行為に漂うぬけ加減を鮮やかにつっこまれてた。

という訳で今作は稀代のナルシストで隙だらけのつっこまれ名人が、全方位からつっこんでくれと言わんばかりに堂々と主演なさったヤクザ映画であります。
頭からケツまで三島先生の無防備なナルシズムをご堪能くださいw
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.044『書を捨てよ、町へ出よう』

製作年:1971年
原作:寺山修司
監督:寺山修司
脚本:寺山修司
ジャンル:負け犬青春前衛ミュージカル

044.jpg

「文章のロレツが回ってない」と言われた。
確かにそうだねー。ぐだぐだだ。
基本酒飲みながら書いてるからな。

酒弱いのに飲むから完全酔っぱらってて、自分で何書いてるかわかんねーんだ。
で、後日こりゃあかんと直すんだが、酒飲みながら直すんで後日の後日見るとさらにわかんねーんだな。
悪循環だなあ。すっかりダメなクズです。

そんなダメ人間と傷を舐めあう気分にぴったりな映画。
ダメな子のダメな子によるダメな子のための負け犬青春ミュージカルだ。
登場人物がみんな社会の負け犬、汚ねえ厨二病のクズ人間だらけ。そいつらが人を煙に巻くようなレトリックの寺山式難解言葉の力を借りて、吠えて叫んで歌って煽りまくる。

映画の文法なんか知らねえよ。そんな手垢のついたお作法みたいな映画論なんかみんなすっとばしちゃってさぁ、お綺麗な映像美学なんかぐちゃぐちゃにしてさぁ、やりたいように好きなだけフィルム回すさぁ!と素人監督なりにやりたい放題やっちゃった。
荒削りで露悪趣味たっぷりなダメ映画。『草迷宮』と同じ監督とは思えませんなあ。

ATGリアルタイムじゃない世代のうめめちには、ATG映画といえばコレ!なイメージがある。
ザ・70年代アングラムービーです。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.043『草迷宮』

製作年:1978年
原作:泉鏡花
監督:寺山修司
脚本:寺山修司・岸田理生
ジャンル:アングラだがカワイイ幻想ショタコン映画

043.jpg

お年頃の少年は寺山修司世界のアイドルである。

ときに彼は麦藁帽子を被って学校の帰り道を駆けてく可愛い少年である。
走ってて火照ったほっぺたを冷やそうと紫陽花の茂みに突っ込んだり、
海を知らない少女に海の大きさを教えようと一生懸命両手を広げたりする。

ときに彼は繊細な詩人である。
樫の木を見て血が立ったまま眠っていると想ったり、理科室に蝶々を閉じ込めたり、林檎の小箱に座って詩を書いていたりする。

ときに彼は大人への階段を昇ってみる。
生まれてはじめて恋をしたり煙草を吸ってみたり、皮かぶってるとか毛が生えないとか気にしたり、年上お姉さんに抱かれて花粉を吹き散らしたりする。

ときに彼は母に囚われた不憫な子である。
亡き母を慕い、母札を抱いて街をうろついたり、扉の外で母の情事が終わるのをじっと待ってたり、オカマのママに女の子にさせられちゃったりする。

まーなんてロマンチックでカワイイんだろう。
寺山修司が自分モデルでこしらえた少年は。

彼がリアル15歳で文芸に目覚めたその日から、短歌、俳句、詩、演劇、映画と様々なスタイルで何度も現れるショタコンテイスト全開な少年達。
「過去は捏造できる」とうそぶき自分の半生を幾重もの嘘でマスキングするくせに、「僕はかつてロマンチックでカワイイ少年だった」って設定だけはちゃっかり変えなかったりする。

『草迷宮』を製作したきっかけは寺山修司が42歳の時、フランスの前衛芸術系映画プロデューサーのピエール・ブロンベルジュから、「『誘惑』がテーマの短編オムニバス映画の一篇を作ってくれ」と頼まれたからだそうだが、依頼を受けて作った映画はもちろん「15歳少年の春のめざめ」だ。

42歳のオッサンになってもまだ語りたいのかよ!ロマンチックでカワイイ少年だった僕を。
その執念に恐れ入る。
あんた救いようもなく、自分大好きショタコンですなあ…
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.042『サード』

製作年:1978年
原作:軒上泊『九月の町』
監督:東陽一
脚本:寺山修司
ジャンル:少年院もの青春映画(お宝ヌードつき)

042.jpg

まだまだ続くよ寺山修司シリーズ。
といえど脚本担当(しかも原作付き)のせいか寺山色は薄く、割と普通な文芸調青春映画です。

ATG映画だけど公開当時はヒットしたそうだ。
ATGの前衛映画なんて、世間一般から見れば芸術気取りのつまんない映画なんだが、それでヒットするなんて理由は決まってる。
若い女優のお宝ヌードである。

そういう意味ではとっても良物件です。登場は少ないが、いいもの拝めますウヒョーとなる事おすすめだ。
別の意味でちょっといい物件もありますが。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.041『トマトケチャップ皇帝』

製作年:1970年
監督:寺山修司
脚本:寺山修司
ジャンル:こどものくにの不条理ユートピア前衛映画

041.jpg

いくら昭和の実験バカエロ映画中心のレビューブログだからって人並みにオトナな社会人なんだからさ、R指定ポルノ映画どころじゃなく不謹慎不道徳な、児童ポルノ規制法に直球真ん中で抵触する映画を紹介するのはいかがなものか?と一応私の理性はたしなめるんだが、

私の中のメケメケな血がどーしても語りたいというからー!
バカエロ映画への好奇な愛情が書きてぇとダダこねてしょうがないのでー!


と言い訳しながらレビューする。
すみませんねえ。
好きなんです。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画