No.051『バーバレラ』

製作年:1967年
原作:ジャン・クロード・フォレスト
監督:ロジェ・ヴァディム
脚本:クロード・ブリュレ、ロジェ・ヴァディム、
クレマン・ウッド、テリー・サザーン
ジャンル:おバカでエッチなSFアドベンチャー

051.jpg

お洒落でおバカでゆる~いお色気映画。
好きだあああーーー。
バカバカしいが楽しくなる。ビール片手にだらだら見るには最高!

この手のモンド系お色気映画は古今東西でそれは無数に作られてきましたが、フランス産の出来が群を抜いていると思う。
ファッションの気合の入れ方が半端ない。
女優も軽~くコケティッシュで可愛い。

エロバカ映画の女優の撮り方は、日本のお色気の撮り方も大好きですが、生きるバービーみたいで完璧キュートなのはやっぱりフランスでしょ。
アメリカメジャー系はなんか作りものっぽいし肉食感強すぎるし、アメリカインディーズ系は逆にひねすぎる。
イギリスはフェチ方面の表現はグッときますが、王道お色気にしてはちょっと泥臭いような…
全く偏見ですけど。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.050『不思議惑星キン・ザ・ザ』

製作年:1986年
監督:ゲオルギー・ダネリヤ
脚本:ゲオルギー・ダネリヤ、レヴァン・ガブリアゼ
ジャンル:おまぬけカルトSF映画

050.jpg

気の向くままにだらだら書いて50作品目。
目標100作品の半分までやっとこさ来たぜー!
記念の50作目は冷戦時代の旧ソビエト連邦生まれ、四半世紀を超えてなお世界中のファンに愛でられるカルトSF映画で祝いたい。

世界にあまたきらめく文化遺産の中には、「これは一体どういうセンスを持ってる人間が、何を意図してこんなのを作り上げたのか解析不能な
奇想な文化風習・ファッション・建築物」
ってブツにたまに出会う。
いわゆる『探偵!ナイトスクープ』のパラダイス物件ですね。


奇界遺産奇界遺産
(2010/01/20)
佐藤 健寿

商品詳細を見る


近年ではこの手の素敵な本も出たりしてますが。
この映画の素敵なセットと大道具小道具も、そんな文化遺産に是非加えるべきであります。
まことにステキで文字通り奇想天外なワールドをお楽しみください。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.049 『空気人形』

製作年:2009年
原作:業田良家
監督:是枝裕和
脚本:是枝裕和
ジャンル:変態せつない少し理不尽ラブストーリー

049.jpg

ブログを見た奇特な知り合いから「40番台は裸祭りですか」と言われた。
あらー言われてみれば、三島先生から10歳の子供まで裸だらけじゃないですか。
だから49番目も裸映画で締める。しかも平成のメジャー映画であります。
ちなみにカンヌ受賞おめでとうございます記念。
キャー!時事ネタがメジャーな映画界の話題すぎてまぶしいw

ナチュラルでふんわり甘めな映像。
自然体で力み無い平成演技の役者陣。
無印良品の店のBGMでかかってそうな癒し系フォークロア音楽。

『ほっこりナチュラル』というライオン子供用歯磨き粉並みに甘々~な糖衣でキッツいテーマをコーティングした、毒リリカルな作風で知られる是枝作品。
『夢の島少女』の佐々木昭一郎監督に多大な影響を受けたそうで、映像とか見るからモロそれですが、さらに表面をほっこりマイルド&ナチュラルに磨いた感じです。
昭和メケメケでも前衛キトキトでも全然ない。

正直私の好みとは水と油な映画ですがw一点だけものすごーく気に入ってます。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.048 『少女娼婦けものみち』

製作年:1980年
監督:神代辰巳
脚本:岸田理生、神代辰巳
ジャンル:女子高生の青春ロマンポルノ
注記:R-18指定ポルノ映画

048.jpg

話題の安藤美姫出産騒動にあやかって?若い女子のシングルマザーものを選んでみた。

神代辰巳作品シリーズのDVDパッケージは昭和の性愛の香りがして萌えますね。
特にこれのパッケージはお気に入り。
濡れた白ワンピと紫蘭の花が何ともエロス。

このタイトルとパッケージとくれば、さぞかし超ヤリマンな女子高生が援交でやりまくる展開か!と思えるが、岸田理生脚本だからそうでもない。

男の数は控えめだが、じとじと淫靡な情欲と愛憎関係、キチなポエジーが半端ない。
昭和の芸術系ロマンポルノらしい秀作です。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.047『宇能鴻一郎の濡れて打つ』

製作年:1984年
原作:宇能鴻一郎ft.山本鈴美香『エースをねらえ!』
監督:金子修介
脚本:木村智美
ジャンル:ちょっとエッチなスポ根学園ドラマ
注記:R-18指定ポルノ映画

047.jpg

「いくわよ、ひろみ!」
「はいっお蝶様!」
パッコ~ン

戦後昭和の文豪シリーズ、宇能鴻一郎先生の巻。
前回の三島由紀夫先生とは東大つながり。

冒頭を読んだだけでお分かりの通り、『エースをねらえ!』のロマンポルノパロディ。
もう期待通りですわ。
徹頭徹尾にバカポルノでありつつ、アイドル学園ドラマテイストもばっちりな、金子修介監督の初期の快作であります。
脳細胞を1個も使わずに映画を観たい時におすすめ。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画