スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.070『赤い天使』

製作年:1966年
原作:有馬頼義
監督:増村保造
脚本:笠原良三
ジャンル:重量級鬱ホラーな従軍看護婦映画

70.jpg

メリークリスマス★
純白のナース服を真っ赤に染めた若尾文子の天使様でお祝いだ。

冒頭で麗々しく示される「芸術祭参加作品」なるテロップで、極めてスタンダードに始まる白黒映画。
戦時中の従軍看護婦が主人公。
なんつーか苦手なお勉強系社会派映画臭がしますわね。
って訳で昔は食わず嫌いだった作品。
でも増村保造監督作品だから!ひょっとするとおもしろいかも!と視聴をあきらめなくてよかった。

いまどきの大河や賞狙いドラマでやりがちな腰抜け金玉野郎な雰囲気反戦ドラマとも、形だけキャリアウーマンな女性ドラマとも程遠い、すげぇハードボイルドな女性ドラマって事です。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。