No.083『悶絶!!どんでん返し』

製作年:1977年
監督:神代辰巳
脚本:熊谷禄朗
ジャンル:アナーキーなエロバカ映画
注記:R-18指定ポルノ映画

83.jpg

またしても神代辰巳監督作品であります。
神代作品を結構よく観てるんだなー自分、と思いますです。
こちらは『黒薔薇昇天』に近いネタ系ポルノ。

クレジットの主演女優は谷ナオミですが、物語の主演女優は谷ナオミじゃない。

しかも男だ

という斬新すぎるポルノ映画です。
おバカポルノだーいすきな方には必見の一本。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.082『赫い髪の女』

製作年:1979年
原作:中上健次『赫髪』
監督:神代辰巳
脚本:荒井晴彦
ジャンル:昭和情緒あふれるじめじめエロス映画
注記:R-18指定ポルノ映画

82.jpg

石橋蓮司&宮下順子はやっぱりコレでしょう。
って何を書いてんだろう私女子なのに。

わけあり男と女が四畳半でやってばかりな、日活ロマンポルノの王道テイストな18禁映画なので、女子の視聴には好き嫌いがあると思われます。

私は一応昭和の関西地方生まれな訳でして、映画に出てくるような西日本の昭和の田舎な風景は記憶にうっすら残ってたりしますが、映画の登場人物の生い立ち行動様式は、私とはまったく別世界の生き物であります。
100%理解できないついてけないw

子供の自分が街ですれちがった男や女はこんな事やってたのかもしれない、まだらにリアルなファンタジー。
なんか不思議な感覚だ。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.081『江戸川乱歩猟奇館 屋根裏の散歩者』

製作年:1976年
原作:江戸川乱歩『屋根裏の散歩者』ほか
監督:田中登
脚本:いどあきお
ジャンル:のぞきで変態な大正頽廃エロロマン
注記:R-18指定ポルノ映画

81.jpg

数々の魅力的なエログロ変態キャラで満ちあふれる江戸川乱歩作品でも、人気の高い3大キャラといえば。

まず明智小五郎。まぁ当たり前だ。
次に『人間椅子』の自称椅子職人。椅子の中でアァァ~と悶える男。
そして『屋根裏の散歩者』の天井裏のぞき魔、郷田三郎クン25歳でしょう。

何をやっても長続きしないバカニート。
押入に蒲団4枚敷いて一日中寝て暮らす怠惰な性格。
天井裏から隣人をのぞき見っつうセコい趣味。
ヒマだから絶対ばれない殺人してみよっかなー?なんてノリで行う殺人事件。
親近感があるだけ余計にむかつきますねw

という訳で今回は屋根裏のバカニートのクライム映画、
何度も映画ドラマ化されてますが、まずは田中登バージョンをご紹介。
実相寺バージョンも有名ですが、とりあえず石橋蓮司ですから
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.080『黒蜥蜴』

製作年:1968年
原作:江戸川乱歩/三島由紀夫
監督:深作欣二
脚本::成沢昌茂、深作欣二
ジャンル:元祖メケメケ美輪様のゴージャス映画

80.jpg

今回は江戸川乱歩作品ってより三島由紀夫ロマニズムな『黒蜥蜴』。

美輪明宏様の当たり役といえば『毛皮のマリー』と『黒蜥蜴』。
『毛皮のマリー』は映画にならなかったが、こちらはゴージャスドレスをまとった美輪様のオーラ爛漫な(スピリチュアルな方じゃないよw)輝く美貌を映像で拝めます。
B級バカクライム映画の香りもするがw昭和のメケメケ美をお楽しみください。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.079『盲獣』

製作年:1969年
原作:江戸川乱歩
監督:増村保造
脚本:白坂依志夫
ジャンル:男と女体のメケメケ異常愛映画

79.jpg

何かの拍子にスチール写真を見てしまった、その瞬間からあなたの虜になりました。
江戸川乱歩映画のマイヘビロテNo.1。
今更語る必要もない名作だが語らせてくれ。
愛してる盲獣!

殺しの人数はたかだか3人だが、監禁、マザコン、SM、切断、なんでもあり。
ナチュラルボーンキラーズより頭ブッ飛んでる過激な悪趣味バカップルのお話です。
(我ながらたとえが90年代だな)

男はチャラい兄さんから変質異常者までさらっと演っちゃう変態イケメン船越英二。
ミューズは「石橋蓮司と1日5回やってた」伝説が脳裏に焼き付いて離れない緑魔子。
うらやましい…ってそこじゃないw
緑魔子って魔性全開な芸名を名乗れる資格のある女、ってのはマジでうらやましい。

原作、演技、衣装、セット、すべてメケメケ。
特濃牛乳超えて飲むヨーグルト並みに喉ごしの濃い、昭和の前衛怪奇映画です。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画