No.098『ドグラ・マグラ』

製作年:1988年
原作:夢野久作
監督:松本俊夫
脚本:松本俊夫、大和屋竺
ジャンル:胎児は踊るよオカルトサイコミステリー

098.jpg

仕事とかで忙しく疲れてる時に見る夢がある。

うめめちは実家のベッドで寝ている。
珍しく目覚ましのアラームが鳴る前に目を覚ます。しばらく蒲団の中でうだうだしながら「今日は朝一発目から会議かー」とか考えてると、枕元におかんが来て「ごはんやで」と声をかけ、容赦無く部屋の電気つけてカーテンを開ける。起きてスリッパ履いて歩きはじめる途中で、目覚ましのアラームが鳴りまくる。

気が付けば私はまだ実家のベッドで寝てる。
「そうかー…夢かー…。この私が(とても寝起きが悪い)目覚まし鳴る前に起きるはずないか」と思う。
枕元におかんが来て「時間やで」と起こされる。「30過ぎたイイ年してひとりで起きれんのか」と嫌味言われながら起きてスリッパ履いて、歩きはじめたら目覚ましのアラームが鳴る。

気が付けば私は自宅マンションのベッドで寝ている。
「そうかー夢かー(以下略)」と思う。
いるはずのないおかんが枕元に来る。出るはずのない朝食が用意されている。起きてスリッパ(以下略)また目覚ましが鳴る…

とまぁ3~5回転くらいしてリアルに目を覚ます。
途中からどこから夢でどこから現実か、果たして今から目覚める朝がリアルな朝か、案外マジでわかんなくなってくる。
しかし徐々に本物の朝感が身に染みる。独り暮らしにおかんも朝食もスリッパも無い。誰も電気つけないしカーテンも開けてくれない。スマホのアラームだけが鳴り続けている。
さびしー。

なんて個人事情はさて置き『ドグラ・マグラ』。
小説は挫折組である。あんなめんどくさいもん読めるかw
映画の方はすごく大雑把に言うと、さっきの夢のような話である。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.097『同窓会』(後半)

No.097『同窓会』(前半)の続き(青字はネタバレあり

頭のネジが軽く10本は外れた恐怖のぶっちゃけパーティーの続き。

七月&風馬、康介&唯子が元サヤにおさまり、ひとり失恋したのは嵐だった。
暴露大会で一番体張ってがんばってたのに!恋人岬で恋愛成就の「愛の鐘」まで鳴らしたのに!
残念だなw

嵐はお仲間の新宿二丁目ボーイズコンビお兄系ボーイ・ヒロミ君(坂本昌行)とオトメ系ボーイ・ウシオ君(国分太一)相手にグチトークするだけじゃ癒されず、憂さ晴らしに売り専ホストに本格参戦。
小松方正に買われて例の新宿妖かしの館で裸に白薔薇持って芸術モデルやっていた
達ちゃんがやるとリアル薔薇族ですな。
続きを読む
関連記事
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ

No.097『同窓会』(前半)

放映年:1993年
脚本:井沢満
ジャンル:男も女もどうかしてるドロドロ青春恋愛物語
注記:日本テレビの連続テレビドラマ

097.jpg

映画界に『幻の湖』あらば、
テレビドラマ界に『同窓会』あり。

芸術選奨新人賞を受賞した巨匠であり男と男の絆にやさしい脚本家の井沢満先生が、本気(と書いてマジと呼ぶご定番)で書いた、100%ピュアな電波ラブストーリー。
過激派ドラマ愛好家に今も広く愛されているステキな作品です。

日テレのドラマはバッタもんやネタドラマに強い定説…いや偏見wはありますが、それにしても日本全国の老若男女が視聴制限無しで観れるプライムタイムの民放ドラマとして、こいつを堂々と放送した日テレは凄いと認める。
第1回の導入部から最終回ラストシーンまでゆるぎなく狂ってますから。
続きを読む
関連記事
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ