No.117『闇のバイブル 聖少女の詩』

製作年:1969年
原作:ヴィーチェスラフ・ネズヴァル『少女ヴァレリエと不思議な一週間』
監督:ヤロミール・イレシュ
脚本:ヤロミール・イレシュ
ジャンル:ゴシック耽美ガーリーファンタジー

117.jpg

お前ロリショタじゃねーかと言われようが別にいい。
少年少女の春のめざめがテーマの青春映画が好きなんだあ!!

いきなり心の叫びから始めてみましたが、今回のお題は春だから春のめざめ。
思春期の美少年・美少女が主人公の前衛お芸術ゴスロリ映画業界で大傑作とうたわれる、『闇のバイブル 聖少女の詩』であります。
製作は前衛カルトガーリー映画の聖地、冷戦時代のチェコスロバキア共和国。
さすがのクオリティです。

だがなにせチェコのヌーヴェルヴァーグ映画。前衛の歯ごたえはありまっせー。
セリフ少ない。状況説明もほぼ無い。耽美だが思わせぶりな抽象ショットだらけ。冒頭からわけわかめの嵐であります。

ただ原作が長年未邦訳だったので、それがわけわかめの主な原因でしたが、昨年暮れに念願の邦訳が出た!!
わーいと発売日に即購入。わけわかめポイントが解消されてスッキリー。


少女ヴァレリエと不思議な一週間少女ヴァレリエと不思議な一週間
(2014/11/20)
ヴィーチェスラフ ネズヴァル、黒坂 圭太 他

商品詳細を見る


原作もゴシック風味盛りだくさんでおすすめですが、個人的には映画を観てから読んだ方が良いと思う。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.116『シングルマン』

公開年:2009年
原作:クリストファー・イシャーウッド
監督:トム・フォード
脚本:トム・フォード 、 デヴィッド・スケアス
ジャンル:今日の僕はなんだかもってもて
トム・フォード的ライフ・イズ・ビューティフル妄想映画

116.jpg

いかん!きれいなもの観よう!!
普通に目の保養になる映像を観よう!
人面疽こんにちわの揺り戻しにぴったりなトム・フォード監督のステキぃ映画です。

トム・フォード期のグッチは良かったわー。品と華のあるセクシーで。
とグッチのバッグ1個も持ってない身分なのにほざいてみました。
デザイナーから転身して「映画監督」としての処女作である本作品は、カリスマデザイナーが映画撮ったらこんな感じかな~という大方のイメージを良くも悪くも裏切らず、トム・フォードの俺美学で埋め尽くされてます。
俺の美しいお眼鏡に叶わない事物は1秒たりとも画面に映すな!な勢いです。

いつものおすすめと趣きが違いますが、たまにはオシャレ系いかがでしょうか。
ちなみに話の方は「どんなオチだろうがオチが物語とはいいものだ」と思いますです。
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画