スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.121『あなただけ見えない』(その1)

放映年:1992年
脚本:吉本昌弘、瀧川晃代
ジャンル:とんでもカルトでサイコサスペンスなジェットコースタードラマ
注記:フジテレビの連続テレビドラマ

昭和前衛映画やおバカ映画と並んで私うめめちが愛好する、伝説のジェットコースタードラマを長ーくダラダラとご紹介。

「ジェットコースタードラマ」とは何ぞや?とは『もう誰も愛さない』紹介文で説明入れましたので割愛。
『もう誰も愛さない』『もう涙は見せない』と合わせてジェットコースター三部作と言われとります。
脚本はもちろんこの手のドラマでは比類無き名脚本家・吉本昌弘。

世に「カルトドラマ」と呼ばれるものはドラマ史に数々きらめいてますが、90年代全盛期のフジテレビ月9ドラマ枠で放映されたカルトドラマはこれ1本のみと称されます。
視聴率20%30%は当たり前!なスーパーゴールデンタイム、しかも視聴者層は健全なスイーツ女子とファミリー層。いくらジェットコースターブームだからって月9には(当時でも)無謀な内容すぎると言われ、実際放送期間中はスイーツ&ファミリーに嫌われて視聴率は伸びなかったらしい。
しかしスイーツ&ファミリーの端くれにいたオカルトキワモノ大好きおバカ小中学生には猛烈に受けたwだから当時の小中学生が大人になった今、伝説のカルトドラマとして語り継がれてます。

どういう話かというと、日本とロシアで三代に渡り複雑な運命に翻弄された家族の、愛と絆を描いたファミリードラマです。
こう書くとものすごくまともなドラマに思えるw
別に嘘は言ってないが、『卑弥呼』を「女性の愛と死を描いた古代歴史ドラマ」と言うのと同じくらい無謀な説明って気もする。でもまぁいいかw

ネタてんこ盛りの高速回転ドラマな上に、無駄に話が壮大で登場人物の思考回路が全員どっかおかしいので、あらすじ紹介が異常に長いです。仮にも月9ドラマだったから話知ってる方も多いと思われますし、まぁ適当に端折って読んでください。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。