スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.141『雁の寺』

公開年:1962年
原作:水上勉
監督:川島雄三
脚本:舟橋和郎、川島雄三
ジャンル:小坊主が後家によろめき炎上な文芸サスペンス

141.jpg

寒~い冬に暗くて寒~い日本映画。
京都の陰険な寒さが五臓六腑に沁みる、昭和お文芸サスペンス映画はいかがでしょう。

原作はDVDのパッケージ写真そのまんまで、エロタコ坊主と後家の女盛り若尾文子と住み込み奉公の小坊主少年との危ない関係という、何ともげっすいドロドロ文芸小説。
子供時代に京都の名寺でこき使われたという水上勉の恨みつらみがじっとり籠ってますが、川島雄三監督のシニカルでひとひねりある描写でブラックだけど観やすい映画になってます。

でもまぁ、本作のラストシーンは私が観た中で「なんやねんこれ!唖然茫然な謎オチ映画」の三本の指に入る出来栄えだw
未見の方はどうぞお楽しみくださいw
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.140『日本春歌考』

公開年:1967年
監督:大島渚
脚本:田村孟、田島敏男、佐々木守、大島渚
ジャンル:受験生男子のエロ妄想ミュージカル

140.jpg

年初め2発目もミュージカル。

ミュージカル映画をブログでぼちぼち紹介してるので、もしかしてそっち系が好きな人と思われてるかもしれないが、実はミュージカルに全く興味が無い。
TDNやUSJはパレードスルーで帰る主義だ。
劇団四季や宝塚やアニーなど観た事もねえし、この先一生観に行く事もないだろう。

あーすっきり。
意外と会社で言えない事ですよね。
善男善女はミュージカル好きが多いもんで、パレード行かねえとか人でなしと非難されそうで。

でも普通のミュージカルに興味は無いが、「前衛」「変態」「バカエロ」「能天気」がつくと俄然観たくなるマイメケメケハートは困ったもんですw
まぁ季節柄ですし、受験生がんばれの応援も込めて『日本春歌考』にしてみました。

さて本作は「若い男子の脳味噌成分は100%エロだらけ」を映像化した青春バカエロ前衛映画。
話はわけわかめで過激かつバカバカしく、戸田重昌美術はいつものようにエッジがききまくってて、名物の黒い日の丸がめちゃかっこいい。
大島監督作品マニアなら納得の一本です。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

★作品リスト(は~も)

【は】

★バーバレラ(監督:ロジェ・ヴァディム)
★パープルレイン(監督:アルバート・マグノーリ)
★はいからさんが通る(監督:佐藤雅道)
★白昼の通り魔(監督:大島渚)
★爆裂都市BurstCity(監督:石井聰亙)
★裸の島(監督:新藤兼人)
★裸の十九歳(監督:新藤兼人)
★パフォーマンス/青春の罠(監督:ニコラス・ローグ)
★薔薇の葬列(監督:松本俊夫)

【ひ】

★ピーター・グリーナウェイの枕草子(監督:ピーター・グリーナウェイ)
★悲愁物語(監督:鈴木清順)
★ひなぎく(監督:ヴェラ・ヒティロヴァ)
★卑弥呼(監督:篠田正浩)

【ふ】

★復讐するは我にあり(監督:今村昌平)
★不思議惑星キン・ザ・ザ(監督:ゲオルギー・ダネリヤ)
★ブラック・ムーン(監督:ルイ・マル)
★プラハ!(監督:フィリプ・レンチ)
★不良姐御伝 猪の鹿お蝶(監督:鈴木則文)
★ブルークリスマス(監督:岡本喜八)

【へ】

★変態家族 兄貴の嫁さん(監督:周防正行)

【ほ】

★星くず兄弟の伝説(監督:手塚眞)

【ま】

★魔界転生(監督:深作欣二)
★マジック・ランタン・サイクル(監督:ケネス・アンガー)
★マタンゴ(監督:本多猪四郎)
★幻の湖(監督:橋本忍)
★卍(監督:増村保造)
★曼荼羅(監督:実相寺昭雄)

【み】

★ミシマ ア・ライフ・イン・フォー・チャプターズ(監督:ポール・シュレーダー)
★ミネハハ 秘密の森の少女たち(監督:ジョン・アーヴィン)
★未来惑星ザルドス(監督:ジョン・ブアマン)

【む】

★無常(監督:実相寺昭雄)
★無理心中 日本の夏(監督:大島渚)

【め】

★召使(監督:ジョゼフ・ロージー)

【も】

★盲獣(監督:増村保造)
★もう誰も愛さない
★悶絶!!どんでん返し(監督:神代辰巳)

関連記事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。