スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.143『0課の女 赤い手錠』

公開年:1974年
原作:篠原とおる『0課の女』
監督:野田幸男
脚本:神波史男、松田寛夫
ジャンル:ザ・70年代!濃厚ピンキーバイオレンス映画

143.jpg

女性活躍推進法が施行されるってことで、日本の女性公務員がバリバリ活躍する映画。
なんか意味違う気がするけどまーいいか。

濃いですよー。何もかもくどい。
展開濃い、キャラ濃い、ファッション濃い。
前に感想書いた『ジュテーム・モア・ノン・プリュ』と同時期に作られたと到底思えないベタベタな昭和臭。
ああ濃いのが観たい!昭和の劇画テイストを全身から浴びたい!昭和で体がうずいてたまらないわ!
な気分の時に是非どうぞ。
しかしそんな人間私以外にいるのかよ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。