No.145『何かいいことないか子猫チャン』

公開年:1965年
監督:クライブ・ドナー
脚本:ウディ・アレン
ジャンル:もててもてて困るんですおバカなセラピーラブコメディ

145.jpg

最近色々とお疲れなんですわ。
癒されたい気分ですわ。
バート・バカラックでもほっこり聞きたい感じ。
映画の趣味は変態だが、音楽の趣味は案外月並みであります。

で、今回はバート・バカラックの曲が聴ける映画。
といっても『明日に向かって撃て』や『アルフィー』みたいな名作じゃなく、くっだらないパッパラパーなおしゃれラブコメ映画であります。こういうのが一番癒されるんだよ文句あるか。

ちなみに公開当時はともかく21世紀の今日び、本作が紹介される時に使われてる売り文句は、うーん…「ウディ・アレンの脚本家&出演デビュー作!幻の60sカルトコメディ!」だったりする。DVDのパッケージからして、『オースティン・パワーズ』やレトロおしゃれなサブカルアート映画好き辺りを当て込んだっぽい雰囲気。
しかも何故にゴリゴリ前衛の紀伊国屋レーベルw
パッパラパーなバカ映画を出すレーベルじゃないだろw
可愛いけどあんまりサブカルカルト方面を売りにされると、せっかくのおバカな魅力が半減するような。
でもまぁ身も蓋も無く言っちゃなんですが、ウディ・アレン脚本のおしゃれ系作品なんて当ブログで紹介するのは後にも先にもこれ1本だけだと思いますんでw
春の珍事と思ってお楽しみください。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

殿下。


Mountains.jpg

マイケルもボウイさんも大島渚も実相寺も
そりゃーショックだったけど、
これはかなりショック。

漏れなくキモいがセンスは抜群だった
最高のド変態ファッションアイコン
プリンス殿下いろいろありがとう!!

一番好きだったのが
『アンダー・ザ・チェリー・ムーン』の
ラブリーすぎるブラックスーツ。
映画の出来はともかくw
スーツはめちゃくちゃ可愛い!
関連記事

No.144『不良姐御伝 猪の鹿お蝶』

公開年:1973年
原作:凡天太郎
監督:鈴木則文
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
ジャンル:クリスチーナvs池玲子!夢のお色気ヌード活劇
注記:18禁ポルノ映画

144.jpg

なんとなく思いつきで模様替えして
お久しぶりーの映画レビュー。

女性活躍推進法ご推薦!女性がバリバリ活躍する映画特集ということで、以前にこちらのページで紹介した猪の鹿お蝶シリーズの第1弾作品。

1作2作どちらも脱ぎも活劇も甲乙つけがたい名作ですが、
第2作はアングラ趣味&痛快娯楽パーティー感が強く、ラストは爽快。
第1作は鈴木則文監督作品らしく、サービス満点ながら女が哀しいダークな味わい。
その日の気分でどっち観るかお選び下さい。

亡き父の復讐に燃えるうら若き女博徒と英国情報部の金髪ロリ顔女スパイの対決。
たまりませんね。昭和オヤジの萌えポイント突きまくりですね。
英題が『Sex&Fury』。素晴らしいですね。

名シーンは序盤にガツンときます。
お約束の「実は当時18歳」池玲子が、惜しみなく豪快に見せてくれます。
昭和お色気映画史上屈指の名シーンだ!と断言してもいい。
いかにもタランティーノ絶賛なシチュエーションで、『キル・ビル』のクライマックスでパクられてます。
ユマ・サーマンは脱ぎゃしませんでしたがw
続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画