No.150 『裸の島』

公開年:1960年
監督:新藤兼人
脚本:新藤兼人
ジャンル:太陽と海と不条理の夫婦SM日記


150.jpg

真夏に新藤兼人監督作品を観よう企画、記念の150作目レビュー。

田舎に寄生して久しぶりにナンシー関の本を読んでたら、夫婦どつき漫才の正司敏江・玲児夫妻にSMプレイを感じるというコラムがありました。
子供の頃に漫才を観た事ありますが、いやーその意見は正しいと思いますw
ちょっと触れたら怖い香りがしますよね、夫婦漫才の中であの人達だけは。

さて昭和漫才界の公開SMプレイが敏江・玲児夫妻のどつき漫才なら、昭和映画界の公開SMプレイは、誰が何と言っても新藤兼人・乙羽信子夫妻の自主制作映画でしょうw
たとえ画面に新藤監督本人はいなくとも、映画は常に夫婦のSMプレイを覗き見するような背徳の緊張感がありますが、その中でも本作は、SMプレイ度では一番だと思います。

画面の最初に「文科省推薦」とテロップが出そうなくらい、クソ真面目な苦労話の社会派映画です。
登場人物は非常に少ない。セリフも無い。シンプルで淡々とした展開。まるでNHK地方局制作の地味なドキュメンタリー映画を観てるよう。
なのにハラハラして目が離せない。画面は常に謎の緊張感と不幸の香りに満ちています。
そして観た後は妙にぐったりして何もかもやる気を失くします。
映画の感想すらなかなか書く気にならんw
要は鬱映画って事ですが、鬱々した中にもじわじわと背徳のマゾヒスティックな味わいがして、えもいわれぬ後ろめたい余韻を残します。

日本映画ベストテンでよく挙げられる名作ですが、「こういう『いかにも日本映画の名作』って苦手」なイカモノ趣味のあなたにも実はおすすめです。
あと、土曜6時にテレビで『人生の楽園』見たり「田舎の村に移住してロハスな生活」なんてブログ読んだりして、「アーリーリタイアして田舎暮らしっていいよねー」なんてドリーム抱きがちな意識高い都会のおっさんおばさんに、頭から冷や水をぶっかけるのにも適してますw
よければどうぞ。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画