スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.153 『カラヴァッジオ』

公開年:1987年
監督:デレク・ジャーマン
脚本:デレク・ジャーマン
ジャンル:ゲイと成り上がり美女と脱ぐショーン・ビーンのお芸術ドロドロ映画

153.jpg

秋のお芸術特集第2回。
芸術といえばやっぱ絵画だねー。って事で1年ぶりにデレク・ジャーマン監督作品がご登場。
去年の『エドワードⅡ』は実に私好みのげっすいドロドロ愛憎関係でしたが、今回の『カラヴァッジオ』も主人公がゲイの絵描きですから愛憎ドロドロです。
映像・音楽も凝ってるしサンディ・パウエルの衣装もきれいですし、カラヴァッジオやバロック映画が好きだともちろん至福ですが、あんまり興味無くても楽しめます。

カラヴァッジオ役は『エドワードⅡ』にも出てたナイジェル・テリー。
同じく王妃役のティルダ・スウィントンがファムファタルな美女を演じますが、そんなことより今作の目玉は
ショーン・ビーンの映画初出演作。イケメンモデル役で脱ぎまくり
でありますよ。

それがもう想像以上に若い!イケメン!金髪ヤンチャ系!いい筋肉!
男も女も翻弄するセクシーな役どころでたまりませんわー。
昔レビューした『愛の悪魔』のダニエル・クレイグ裸祭りとかこういうの観ると、「若いイケメン俳優は全員お芸術監督作品で脱いでおくべきだ」と鼻息荒く主張したいですね。いやまじで。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。