No.158『妖星ゴラス』

公開年:1962年
監督: 本多猪四郎
脚本:木村武
ジャンル:日本人すごい!人類すごい!地球すごい!特撮SF映画

158.jpg

遅ればせながらあけおめ。
一発目は景気づけに壮大な科学映画でお祝い。
池部良主演!日本人すごい!日本の科学すごい!宇宙の脅威には日本人中心で世界なかよく闘うんだー!

…なんだか1年くらい前に似たようなレビューを書いたような。
とってもデジャブw

デジャブついでにその似たような東宝特撮映画『惑星大戦争』の感想で

まぁライバル東映の『宇宙からのメッセージ』だって「星のケツから噴射装置が出て星が丸ごと発進」なんて無謀な事をやらかしてますんで

と書いたんだが、実はご本家東宝にも「星のケツから」設定のSF映画が存在しましたw
しかもなんと極めてクソ真面目にも、東大理学部のご協力のもと「星のケツから」を科学的に考証して作ったそうです。

ちなみに「宇宙から来た小惑星が地球に衝突する設定のSF映画」といえば、有名どころでは『ディープインパクト』と『アルマゲドン』ですが、どちらも地球の対抗策は「惑星に核爆弾をぶちこんで撃退する」です。
に対して本作のテーマは「よける」であります。
「闘わずして『よける』」平和的な手法、それを真面目に考証する姿勢、「考証するべきはそこだけかよ!他にでっかいツッコミどころがあるがそっちはノー考証かよ!」なボケシーン、政治経済面で難しい所は国連様の力で強引に片づける姿勢、精巧ではあるがださいプロダクトデザイン。
何とも日本映画伝統のジャパニーズマインドSF映画ですw

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画