No.161『野獣の青春』

公開年:1963年
原作:大藪春彦『人狩り』
監督:鈴木清順
脚本: 池田一朗、山崎忠昭
ジャンル:春のカラフル清順祭り!怪しい奴らのクールな前衛ノワール

youth.jpg

引きつづき鈴木清順監督追悼。

今作は大藪春彦の原作付きだから、話は鈴木清順比ではちゃんとしてると思う。前衛美術に興味が無くても話そのものがおもしろーい!
90分の映画にしては中身濃いしテンポ良くサクサク進むし伏線もキッチリ張られてるし、サスペンスドラマとしてまともなオチもある。まともなオチゆえに名物・異次元ファンタジーバトルが無いのが玉に傷だけどw

ちなみに主人公は宍戸錠ですが、キーパーソンはどこからどうみても小林昭二&川地民夫。

小林昭二は、えええー!な役柄。何つうか私の小林昭二観を覆す変態で癖になるw
川地民夫は鈴木清順作品ではお馴染みの顔ですが今回は出演時間の少なさを補って余りある、いつも以上にクッソ怪しいインパクトwこの人の持ち味であろうと私が勝手に思ってる「昭和スタイリッシュな謎のポージング&着こなしセンス」が活きてます。

脇も一癖あるおやじ&チンピラ役者天国で充実してるし、夜の歓楽街が舞台だから女優も怪しい香りたっぷりです。曲者脇役好きなら必見。
続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

No.160『東京流れ者』

公開年:1966年
監督:鈴木清順
脚本:川内康範
ジャンル:春のカラフル清順祭り!男と男の前衛ミュージカル流れ旅

drifter.jpg

鈴木清順監督追悼。
「めしの炊ける匂いに欲情する男」等々のメケメケ前衛てんこ盛りな珍作品、そして伝説のジジイ棒でも名高い清順監督。ご高齢だから覚悟はしてましたが寂しいですねえ。
なんかワイドショーのコメンテーターみたいな感想だな。

という訳で今回は『東京流れ者』。
偶然にも今年のアカデミー作品賞読み間違えで話題の『ラ・ラ・ランド』の監督ダミアン・チャゼルが、本作の影響を受けたと公言してるらしい。当ブログ名物の「微妙に時事ネタにのっかるパターン」ですね。

どうでもいいあらすじ、完璧な構図のお芸術ショット、暴走する美術、男と男の謎友情、謎空間でファンタジーバトル。
清順監督の才気が全面にほとばしってます。おすすめ。

続きを読む
関連記事
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画