No.163『ビリィ★ザ★キッドの新しい夜明け』

公開年:1986年
原案:高橋源一郎
監督:山川直人
脚本:高橋源一郎、山川直人
ジャンル:くっだらないが癖になるポストモダン新喜劇

163.jpg

お久しぶり~に映画レビューを再開しました。
今回のテーマは日本文学。しかもポストモダン文学。

日本でポストモダン文学といえば、まぁ高橋源一郎ですよね。
その高橋源一郎の初期3部作をベースに高橋源一郎本人がネタを作った、ちょっと珍しい映画であります。

しかし高橋源一郎の小説を2、3ページめくってみた経験がある人ならわかると思いますが、よくこんなもんで映画の脚本書いて撮ってみようなんて無謀な真似したなとびっくりします。
めちゃくちゃハードル高いじゃねーかw
日本文学を映画化した作品の中で冒険しました度ナンバーワンじゃないかと思う。

映画ジャンルとしては前衛で難解。でもなんかどこかお懐かしい匂いがするような。
最初と最後のシーン以外はすべてワンセットで押し通す、三谷幸喜映画以上に舞台劇。セリフは高橋源一郎文学乱れ打ち。なんだけど終わってみればなんだかすごく映画的?
まぁ面白いと思えるかどうかは別にしてw不思議と愛すべき作品。お試しに観てみてください。

続きを読む
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画

気になるMV その5

穴埋め道草企画ついでにもう一発。

はじめて見たとき訳も無く衝撃的で腰が抜けたビデオ。
歌はこれまた超有名クラッシック。美しい歌声に癒されてください♪
画面はとても癒されるとは言い難いが。

余談だがうちの亡きじーちゃんばーちゃんは昭和の関西人らしく、クラシックを「クラッシック」と言っていた。発音は「プラッチック」の要領で。



続きを読む
関連記事
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽

気になるMV その4

今年はなにかとピンチであります。
幸い私の東芝君は不具合が治ってきてプチ延命できそうだけど、今度はDVDプレイヤーが動かねええ!!!

一応マニアック映画マニアだというに命の綱のDVDプレイヤー無くしてどうするよ…
ていうか新藤兼人SMダイエットが出来ねえじゃねーか…

というピンチから現実逃避しようと、80年代のバカ明るいアイドルもんを見てやる気元気いわきしてみる。
曲は超有名。

続きを読む
関連記事
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽