No.007『アウトレイジ』

製作年:2010年
監督:北野武
脚本:北野武
ジャンル:バイオレンスヤクザ映画

007.jpeg

私は実録ヤクザ映画を観ない方なので、ちょっと敷居が高かった映画。
邪道ですがヤクザ映画・Vシネ未経験な人は先にあらすじ読むのがおすすめ。

なんでこの場面で小指を詰めるのが当然なの?
親分子分と兄弟ってどう違うの?
小日向文世ってどういう身分の刑事なの?なんで刑事なのにヤクザと一緒につるんでるの?
とかいう「ヤクザ業界のお約束事」を、「そんなの今更みんなわかってるよね」と基本説明をすっ飛ばして話が進むんで、お約束事知らないとさっぱりわからないです。

でも「全員悪人とか言って『実は根はいい奴』とか結構いるんじゃね?あと、たけしが口では『犬死にしてやらあ』とか言っちゃってるけど、結局カッコよく死ぬんじゃないのー?」と観る前は眉つばだったが、惹句通り悪いヤクザが悪い事やってさっくりサクサク殺される映画だった。
それは良かった。
★予告編



たけしのバイオレンス映画「らしい」予告。
加瀬ちゃんのへなちょこパーンチ!が笑う。

★あらすじ(青字はネタバレあり

巨大ヤクザ組織に属する複数の組の抗争話です。

イントロで書いた通り、ヤクザ組織を知らないと序盤の人間関係がわけわかめです。
でも主人公は大友組組長(ビートたけし)だが、村瀬組組長(石橋蓮司)と兄貴分の池元組組長(國村隼)のキャラが立ちまくってるので、石橋&國村コンビ中心に人間関係を整理すればOK。

石橋蓮司率いる村瀬組は麻薬売買とキャバクラ経営で金はある。
でもヤクザ的にはチンケな下っ端組にすぎないので、デカい組織の後ろ盾があったら何かと安心!と考えて、関東の巨大暴力団・山王会幹部である國村組長と杯交わして兄弟分になった。
でも山王会会長(スリーアミーゴス北村聡一朗署長)と番頭(三浦友和)はどーも石橋組長が気に入らない。
ただ、潤沢な資金源はちょっと魅力的なところではある。

そこで北村聡一朗会長は國村組長に「お前の弟分の石橋、最近やりすぎだ。軽くシメろ」と命令する。

石橋の組のお金欲しいけど、自分の出世もあるしぃー大親分の顔も立てないとさぁー?
と板挟みに遭った國村組長は、でも自分の手は汚したくないので忠実な子分のたけし組長に、「たけちゃーん?蓮司んとこの下っ端をさぁ、形だけちょちょっとシメとけよ?」と軽~く命令する。

という経緯で命を受けたたけし組長は、イキのいい手下ども、イケメンだが心は武闘派の組若頭(椎名桔平)やインテリヤクザの金庫番(加瀬亮)達を従えて、石橋組が経営するキャバクラに乗り込み、難癖つけてドンパチ吹っかけ、指詰め等々やってさっくり潰す。

殺す!脅す!蹴る!殴る!ヤクザ映画らしいバトルオンパレードがテンポよく続きます。
主なセリフはなんだバカヤロー!死ねコノヤロー!。

1年分くらいバカヤロー聞いた気分になる。

「形だけちょっとシメろ」の話がどこまでエスカレートすんだよwなんだが、たけし組長は石橋組長を殺害。
組の金づるのキャバクラや賭け事方面の縄張りを奪い、加瀬ちゃんに裏カジノを開かせ金もうけまでしてみせる。

★片っ端から殺って殺られて皆全滅

たけし組にしてみれば「やったね!資金源ゲット!」ってサクセスストーリーなんだが、ヤクザの黒い縦社会で、ただの末端組織が上手い話を続けられる訳がない。

まず國村組長が「おいおい石橋組長殺すまで指示してねーよ。てめー殺した責任とれよ」とたけしを破門する。
これまで國村親分に散々翻弄されて汚い仕事ばかりやらされてきたたけし組長は、「ええー!さすがにそりゃねーよ!」と遂にブチギレる。
そこで北村大親分のお宅に伺い、「なんとか破門を撤回してもらえませんか」と談判してみたら、なんと大親分に「お前、もう色々限界だろ?いいよ、國村殺ってまえよ」とそそのかされて殺害を決意する。
國村組長、周囲に散々迷惑かけまくった二枚舌を噛み切られて死亡。いいオチだった。

ところが一見温厚な北村大親分は、やはり大組長だからして腹は真っ黒。
この映画の俺はスリーアミーゴスのバカ署長じゃねえ!とラスボスらしい非道ぶりを発揮する。
大親分はたけし組長を唆して親分殺しさせる一方で、國村組の鬼番頭(杉本哲太)に「お前、組の跡を継ぎたいか?それじゃ親の仇うて。たけしを殺れ」と鼻先にニンジンぶら下げて復讐のドンパチを決意させる。

杉本哲太番頭は見た目の通り渋カッコいいデキるヤクザだったので、今度は前半の勝者・たけし組メンバーが新生・杉本組メンバーに徹底的に潰される。
みんな一気に惨殺!惨殺!惨殺!
で皆殺しエンドと思ったが、なぜか金庫番の加瀬ちゃんだけが、カジノで儲けた金もって裏切り、大親分の許へ逃げる。

金も手下も無くなり切羽詰まったたけし組長だが、大立ち回り→犬死にコースと思いきや、なんと小日向文世刑事を呼び出して出頭する。
えーっ死なないのたけし!?って一緒に見てた人がざわざわしてた。
ヤクザ映画の美学が好きな人は拍子抜けかも?


そのかわり、最後まで組の武闘派だった椎名桔平若頭が、映画の中で一番ひどい方法で惨殺される。

湾岸の一本道に転がる椎名桔平若頭の死体を放置して、杉本組の殺し担当メンバーが迎えの車に拾われる。
構図はありきたりだが、このシーンの空気が好きだ。「ヤクザの終わりなんて所詮こんなもんですよ」な自嘲的な冷めた視線の中に、犬死に下っ端者へのかすかな憐みが漂う。
いやーいいエンディングだった。

★で終わる訳ない。真打はここからです

ベタな表現ですまんが「下っ端ヤクザの血で血を洗う潰し合い」が完了した時、大親分の本拠地、ステキな北村邸では若衆たちが海辺でのんきにバーベキューしてたw
バーベキューを見下ろすプールサイドでは杉本哲太組長の報告を聞いて北村大親分にっこり。

加瀬ちゃんの裏切りでカジノの売上も回収できたし、石橋・國村・たけしがうまく共倒れして美味しい資金源はまるっとアミーゴスのモノ。
ああ、最後は悪代官がにっこり笑うのだ。
まったく今どきの平成ヤクザ映画らしい情も涙も無いクールなエンディングだった。

で幕を閉めるかと思ったところで
やっとキターーー!!!ナンバー2三浦友和大番頭のターン!

プールサイドに馳せ参じた友和大番頭は、その場で杉本・北村を華麗に撃ち殺すと、銃声聞いて駆け付けたバーベキューメンバーに「杉本組長が北村大親分を殺して自殺した」風に偽装する。
で、「亡き組長の跡は俺が継ぐ!」とまるっと総取りする。ついでに加瀬ちゃんも手なづけて自分側に引き寄せる。

最後の最後で笑うのは三浦&加瀬ちゃんでした。
やっぱヤクザも頭の時代だよ。計算できる奴が勝つのだよ。ってまことに平成なオチでジ・エンド。


★感想

國村隼&石橋蓮司が愛おしい映画です。

國村隼が実に腹黒い!こすい!汚い!チキンなジョーカー野郎で、上司も部下も仲間もへろっと裏切り、常においしいところを持ちたがり周りを翻弄する。もう救いようが無い二枚舌のワルだが、どこか憎みきれないキャラでいい。お目目がくりっとカワイイ國村隼に似合ってる。

またチキン國村隼に頼ってもしょーがないのはわかってるのに、「國村ちゃんがひどい事しやがるんだよぉー、たけし何とかしてよぉー」と臆面もなく泣きつく石橋蓮司も抜けててグッド。

食い物にされてハメられて、歯科医のドリルで口をギャリギャリ削られ「んあぁー」と溜息を漏らす蓮司。
世にも悲惨な目に遭いやがるのに悲惨になるほど笑えるしキュートだ。
情けない表情がたまらないね。最高。

しかもおっさんが濃い面子過ぎて、メインどころの椎名桔平と加瀬亮はヤクザの暴れん坊にしちゃイケメン過ぎ?大丈夫?と心配したが杞憂でよかった。
今どきヤクザっぽさがきちんと出ててはまってました。

★気になるファッション、三浦友和の白ジャージ

でも『アウトレイジ』といえば何をさておき
最大の見どころはラストシーンの三浦友和の白ジャージであろう。

若頭時代ののスーツ姿も暴力団の大物らしい渋い貫禄があったんだが、
ジャージをくつろいで着こなせてこそザ・外道。ザ・ヤクザ組長

同じポーズで脚を開き股間に手を置いてるが、隣に侍る加瀬ちゃんとは据わったオーラが違う。
まさにアメイジングヤクザ。素晴らしい。
元々世間のイメージ以上に良い俳優さんだが、ジャージ姿でヤクザ俳優としてさらに一段高みに昇った!とさえ感じるのでした。

★ヤクザに無知なうめめちの気になる木

さてジャージについて。
これはヤクザ組織を知らない私の素朴な疑問である。
三浦友和のくつろぎジャージの意味はわかる。「臣下とのミーティングは普段着でOK」は日本古来からの最高権力者のしきたりである。ヤクザ組織の事はわかんなくても、これくらいは意味わかる。

しかしスリーアミーゴス御殿で働いているヤクザの卵の青年たちは、何で全員坊主頭に白ジャージなんだろう。
坊主頭は「修行中」の意味があるとして、若い下っ端なんだから、プライベートはともかく組長揃って宴会とかのオフィシャルの場はスーツでいいじゃん。迷彩服でも特攻隊服でもいいと思うが。いくら「最高権力者はジャージでOK」がまかり通っても「最高権力者の雑用係もジャージOK」とはならないのでは?
しかもなんで毎回きっちり新品ジャージを着てるんだ。単に親分邸の家事雑用係なら常に新品じゃなくていいじゃないか。
しかも白。すぐ汚れるじゃん。ジャージも高いんだからもったいないし。
下っ端組のチンピラは同じ年頃に見えるが、ジャージ率よりホスト風味スーツ率が断然高いだけに不思議な存在である。

もしかして御殿ジャージ組って自衛隊とかにおける幹部養成大学校みたいなもの?
きれいなジャージってどういう意味があるの?エリートに特別に貸与される衣装?新鮮組・白虎隊・盾の会の制服に相当する?
ヤクザにおけるジャージの掟は深い。なんかそんな気がする。何の根拠も無いが。
『アウトレイジ・ビヨンド』見れば謎がわかる?

追記。
『アウトレイジ・ビヨンド』観ても新品白ジャージの謎は解けなかったし。

(了)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
No.008『エマニエル夫人』 | Home | No.006『悪徳の栄え』