スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気になるMV その3

穴埋め企画、ミュージックビデオ紹介。

今回はイギリスきってのインテリ坊ちゃまのおバカ一発芸。
映画俳優だけじゃなくお笑いでもミュージシャンでも、自ら体を張って笑いを取る人が好きざます。

Radiohead/No Surprises



という訳で「トム・ヨークの顔が好きだ」だけの理由でごひいきなレディオヘッドのバカビデオでした。
こういうもやししか食ってなさそうな細面が好きだ。時々いしだ壱成にしか見えないが。

『No Surprises』は1997年の名盤『OK Computer』からのシングルカット。と今更私に説明されたくもない名曲ですがしかし、ミュージックビデオは発表当時、日本の一部ではご時世柄「トム・ヨークの水中クンバカ」と呼ばれてました。なつかしいですね。

解説すると、かつて某真理教で「水中クンバカ」というプールに潜って息止める修行がありまして、弟子を集めてプールで「水中クンバカ選手権」なる催し物まで開いたらしい。
その取材VTRがワイドショーで流れて有名になり、さらに江頭2:50のクンバカネタによってバカ中高生に広がり、全国の学校プールではクンバカブームが起きていたw
その記憶冷めやらぬ1997年に出たビデオなんで、「なんでトム・ヨークが水中クンバカやってんだ」と評判になった訳です。まぁ英国人のトム・ヨークには100%とばっちりですね。

しかしトム・ヨークはもう見るからに繊細で芸術肌で気難しく近寄り難いインテリ坊ちゃまですが、その割に一発芸をなさるのが好きな人だ。しかも繊細で気難しくクソ真面目なままおやりになるのが高ポイント。
エイフェックスツインやケイト・ブッシュといい、英国系アーティストの体を張った自虐ネタはなんか味わい深くていいですね。

関連記事
スポンサーサイト
テーマ: プロモーションビデオ | ジャンル: 音楽
気になるMV その4 | Home | 気になるMV その2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。