No.003『天国と地獄の美女 江戸川乱歩の「パノラマ島奇談」』

製作年:1982年
原作:江戸川乱歩
監督:井上梅次
脚本:ジェームズ三木
ジャンル:天地茂の明智小五郎シリーズ
注記:テレビ朝日『土曜ワイド劇場』のドラマ

003.jpg

日本の片田舎にディズニーランドもシネコンもゲーセンもコンビニも無かった昭和時代、正月三が日の子供向け娯楽はテレビ一択だった。
携帯ない。ゲームない。ツタヤでDVDも借りれない。テレビ観る意外にすること無いヒマな正月だった。

そんな状況で放送された『天国と地獄の美女』。
通常の土ワイ劇場と違い、お正月スペシャルだった本作は、紅白歌合戦で夜更かしに慣れた子供がぎりぎり見れる時間帯で放送された。
こんなドラマが正月のお茶の間に流れて、結構な数のヒマな小学生がこれを見ていたそうだ。

で、事件は正月明けの3学期初登校日に起きた。
休み時間にほとんどのクラスでアホな小学生が「こもだげんざぶろう~」と叫びながら、パノラマ島の美女ダンスをうねうね踊り出したからだ。
うめめち姉が通う学校で起こった「こもだげんざぶろうの美女ダンス」は、あまりの残状に担任の先生はびっくり仰天、PTAで問題になったw姉ちゃんは踊らなかったが踊ったバカ男子はこってり怒られ、物まね禁止令を出されたクラスもあったそうだw
嘘のようなマジな話であります。

ミステリーもエロもグロもだーいすきな当時のおバカ小学生を一瞬で魅了した伝説のテレビドラマ。
土曜ワイド劇場でも屈指の過激度を誇るエログロ超大作であります。

「江戸川乱歩」と聞けばコレを思い出す諸兄も多いんじゃないでしょうか。DVDで気軽に見れるなんていい時代だなー。お楽しみください
★あらすじ(青字はネタバレあり

理想のエロ桃源郷を夢見る貧乏な工芸家・人見広介(伊東四朗)は、ひょんな事から迷い犬ならぬ迷いカラスに付きまとわれる。
困った広介は110番へ通報し、浪越警部(荒井注)が退治して署へ持ち帰る。

迷いカラスは浪越警部から明智探偵事務所へ持ち主探しに持ち込まれた。
結構小さい仕事も受けますな明智先生w実は事務所の経営にお困りなのではw
そこで「広介に似た背格好の飼い主のペットでは?」と明智が推理したところ、その通り数百億の資産を持つ山林王・菰田家当主のペットだと判明した。
カラスがペットとは奇妙な趣味の上流家庭だが、「山林王だからそれなりのお礼ももらえるかも?」と広介の妻・英子(宮下順子)が何故か欲を出してハッスル。英子は旦那に内緒で不倫相手の薔薇密教教祖・大野雄三(小池朝雄)を連れて菰田家へ赴き、菰田家の当主・源三郎と対面するが、顔を見てびっくり!

なんと源三郎は人見広介と瓜二つ(伊東四朗の二役)!

そこで秀子&大野教祖の不倫ペアは、「源三郎を殺して広介とすり替えよう」って強欲な資産横取り計画を立て、さっそく実行する。
でも襲撃の時に源三郎が抵抗してもみ合いになり、凶器のドライバーで源三郎の片目をグサアァァ!とやっちゃって、計画は失敗する。

★恐るべし!力技の偽装大作戦

だが数百億の資産があきらめきれない大野教祖は、薔薇密教の館に広介を誘い出し、源三郎と同じ顔(つまり片目無し)に改造しちゃう。

ドライバーを目に突き立て!えぐり出し!
ピクピク硬直する伊東四朗の体を嫁が押さえつけ!
取り出した眼球が傍らにボトッ!


いやぁ…小学生が見れる時間帯でこれですよ…
昭和の土曜ワイド劇場のグロ描写クオリティ恐るべし。

嫁と不倫相手に片目を潰された主人公も悲惨だが、菰田家当主の源三郎の方にも深刻な悩みがあった。
実は持病が原因でお世継ぎが出来ないのだ。
美しい後妻の千代子(叶和貴子)は不妊が原因で小姑・房枝(水野久美)からいじめ倒されていた。
そんな時に今回の源三郎誘拐&片目潰し事件である。「事件はまさか千代子の差し金?」と疑ったマダム房枝は、明智探偵に依頼して秘密裏に犯人探しをしようとする。
その矢先になんと源三郎が突然死してしまう。
当然誰もが「子供もいないし財産は千代子が相続するだろう」と思ったところで、訃報を聞いた教祖&嫁コンビが前代未聞の計画を実行する。

源三郎の墓を暴いて死体を掘り出し!
ご遺体から死装束を剥いで広介に着せ!
潰した片目から義眼をえぐり出して広介の目にはめさせる!
ご遺体が死後硬直してて、折り曲げると骨がバキバキ折れるぅ!
ぎゃあああホラー!


かくしてご遺体と入れ替わって『墓場から生き返り』当主となった偽源三郎の広介は、もちろん数百億の財産をゲット。
そこで広介は巨額の財産を使って、菰田家所有の無人島に念願のエロ桃源郷「パノラマ島」を建設するのであります。

もちろんパノラマ島の建設中もサービスシーンは忘れてません。
土ワイ劇場名物といえばもちろん殺人&エロシーン!って事でエログロ殺人事件が次々起こる。
まず事件を疑う邪魔者の小姑房枝が何者かに殺される。
次に源三郎とエッチして体の秘密に感づいた愛人芸者は、大野教祖がとっとと殺す。
さらに叶和貴子が全裸シャワーシーンを披露してると、風呂場で英子に襲われる。
か弱い千代子が全裸キャットファイトに負けて気絶した隙に教祖が風呂場に登場。千代子を殺すのかと思いきやなんと裏切り、英子の頭を斧でブチ割り惨殺。
気絶する千代子の手元に斧を置き犯人偽装工作を行って逃げる。

って事で嫁を千代子に殺された(と思いこまされた)広介だったが、美女の色香に負けてうっかり千代子を抱いちゃった。
そこで千代子も愛人芸者と同じく、いたしてる最中に「このひとは…源三郎さんと違う!」と感づくのである。
何が違うってそりゃまあねえエロドラマのお約束ってやつですね

★天国と地獄とすけすけドレスとパノラマ島

正体がバレて大ピンチ!な広介だが、とりあえずパノラマ島の桃源郷が完成したんでお披露目会を開く。
千代子も嫌々ついて来たはずなのに、島に着いた途端なんかノリノリで、すけすけ薄物ドレスで女王として迎えられる。

広介好みの快楽とエロスに彩られた「桃源郷・お披露目の宴」は佳境に入り、なんだかんだいってみなさんご満足
広介と教祖の野望が達成されたかに見えた時、やってきました!昭和の土ワイ「明智小五郎シリーズ」名物・天地茂の見せ場シーンが遂に登場。
同行してた菰田家の運転手がにやりと笑い、顔の皮をベリベリーッと剥がす。
もちろん!正体は明智小五郎!
明智は仰々しい探偵口調でみんなに事の真相を開陳する。

しかし探偵なんかに負けてたまるか広介と教祖が反撃開始。なにせここは自分が作ったホームグラウンドだ。
明智と千代子は悪人コンビに騙されて、パノラマ島の地獄部屋へ追い込まれる。
そこには「落ちると人間串刺し!剣の谷」「落ちると骨まで溶ける!硫酸の谷」が二択で待っていた。
なんつう二択だよw

こんな地獄部屋で犠牲になるのはイヤーン!と明智・千代子・広介・教祖は互いに格闘したり仲間割れしたり色々もめた末、明智は硫酸の谷へ落とされ、教祖も広介も絶命すが、千代子はひとり生き残る。
薄幸のヒロイン千代子、無欲の勝利である。

ところがどっこい、千代子の前に死んだはずの広介がまた現れた!
しかし当然本人ではなく、第2の顔ベリベリ。正体は硫酸の谷へ落ちたはずの明智小五郎。
実は美女軍団の中に明智の助手を忍びこませて、あらかじめ谷の水から硫酸を抜いていたのだった。

って事で明智は、広介&薔薇教祖の犯罪と同時進行していた「陰の殺人事件」の謎を解き明かす。
無実の薄幸美女に見えた千代子だが、実は彼女もまた金狙いの女だった。
当主源三郎を殺したのは彼女だった。
そして小姑など邪魔な親戚を排除して、菰田家の財産を独り占めしようとしたのだ。

逃げ切れぬ事を悟った千代子は、エロスの園のど真ん中にある大砲の筒に入り、自ら人間花火をぶっ放す。
大空に木端微塵の美女の血しぶきが舞うどハデなエンディングでドラマは終わる。


★感想

もはや迎春番組と思えないエログロ大盤振舞い。
さすが昭和時代。放送規制フリーダムっぷりのレベルが全然違う。平成の正月ゴールデンタイムじゃ到底放送できません。

昭和土曜ワイド劇場名物・ハイクオリティの「宮下順子がエロくあえぐベッドシーン」が、いつもは目玉扱いですが、正月スペシャルですから豪勢にも序盤で登場。
それどころか薔薇密教ですから信者が乱交を繰り広げるセックス教団もあるんです。
乳首も露わな女達が教祖の体を求めて妖しくうねうね悶える!
いやーいやらしいね!小池朝雄のあやしいエロ親父っぷりが最高!

★パノラマ島実写化の敵はディズニーだった

しかし今になって見ると残念な点もあるにはあります。
土ワイにしては予算高めの豪華仕立てだが、メインの桃源郷・パノラマ島のセットが昭和時代のテレビっぽさを思い切り露呈する。

実は放送翌年の1983年4月、あの東京ディズニーランドが開園したんですが、それが今ではドラマ最大の弱点になってます。
日本の一般国民がまだ「ディズニーランド」を体感できなかった昭和時代だからこそ、あのレベルのパラダイスが通用できてたドラマなのだと言えます。

無人島の海底に作られた『パノラマ海底公園』は、沖縄美ら海水族館や大阪海遊館に遠く及ばぬ、シケた田舎の水族館にしか見えない。
ガラス越しに海底を見てるとどこからともなくシンクロナイズド美女が現れてごあいさつ。
ディズニーシーの水上ショーに比べて、シンクロナイズドチームの演技レベルの低さと昭和女性くさい寸胴体型が悲しい。
海底から楽園をつなぐ人工水路は、生きたワニや極楽鳥が住む『パノラマの川』。のはずだが、TDL初代アトラクションでお懐かしい「魅惑のチキルーム」でさえ遥かに完成度が高く見えるショボさです。

生まれた時からディズニーランドを知っている平成っ子には激しくがっかりレベルですが、ここは大阪朝日放送『探偵!ナイトスクープ』の名物企画「パラダイス」に通じる昭和レトロキッチュな趣きがある!と脳内変換して楽みましょう。

★しかれども昭和エロスはダイナマイト

しかし桃源郷のセットのしょぼさに苦言を呈してみましたが、メインシーンの「エロス」は外さなかった!

番組の目玉である桃源郷の『エロスの園』
教祖の手で全国各地からさらわれた美女軍団がご登場。乳首丸出しでうねうね踊る美女に、葛飾北斎風にタコに絡まれ悶絶エクスタシー美女など、みんな全裸半裸でお出迎え。



どうすかこの脱ぎっぷり。
さすがに『11PM』『オールナイトフジ』など、深夜エロ番組がお盛んな80年代制作のドラマにふさわしく、堂々のハジケ具合であります。

まぁ原作の乱歩小説からして推理はゆるいし、序盤のオリジナルのカラスネタとかもネタがタルくて展開が強引すぎますが、後半これでもか!これでもか!と怒涛のどんでん返しでねじ伏せる辺りはジェームズ三木脚本らしさが出ています。

エログロはドラマ史に残る爆裂っぷりだし、忘れちゃいけないのはヒロイン叶和貴子の脱ぎっぷり。
若干貧乳な昭和体型の裸なので巨乳派はガッカリかもしれませんが尻が!尻がエロいです!

エロドラマ&バカドラマ好きなら視聴の価値は120%あると思われます。是非どうぞ。

(了)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: ドラマ感想 | ジャンル: テレビ・ラジオ
No.004『ピーター・グリーナウェイの枕草子』 | Home | No.002『1999年の夏休み』