スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

No.062『徳川セックス禁止令 色情大名』

製作年:1972年
監督:鈴木則文
脚本:掛札昌裕、鈴木則文
ジャンル:東映エロバカ時代劇
注記:R-18指定ポルノ映画

062.jpg

タイトルからしてエロバカの香り高い逸品。
夜の指南役!
白い肌の唐人娘!
南蛮渡来の媚薬!
時代劇の色物要素をこれでもかとフル装備。

しかもこんなにおバカな内容の割に、東映だからしっかり本格時代劇してるというw
この手のバカエロ映画を好きの方にはバイブルな、愛すべき昭和B級映画であります。
★あらすじ(青字はネタバレあり

エロ将軍と名高い徳川11代将軍家斉公の時代。
将軍様が側室とやりまくり若君姫君を大量生産したおかげで、こいつらの結婚相手を調達するのに苦労しましたよ、って歴史小ネタから派生したエロ話。

家斉公54番目の末っ子姫君・清姫(杉本美樹)が、田舎大名の小倉忠輝(名和宏)の元へ嫁いできた。
姫はナイスバディ美女だがプライド高く高慢ちき。殿は織田信長マニアのマッチョ趣味な童貞野郎。女を喜ばせるエッチの作法など知るよしも無い。うーん上手くいく予感が100%無い。
家老(殿山泰司)があれこれ入れ知恵を策して、2人は初夜をやるはやったんだが、案の定忠輝殿は姫君に「下手ね」と嫌われ、その後セックス拒否される大波乱が発生する。

★これだから玄人で脱童貞したやつは

これは小倉家の将来の一大事!と困った家老は、あやしい商人博多屋(渡辺文雄)を夜の指南役に任命し、忠輝殿にセックス特訓をする。

南蛮渡来の媚薬を飲ませて褐色肌のエロボディ娘(オードリー・クルーズ)とハードセックスさせた上で、
フランス産エロ人形サンドラ(サンドラ・ジュリアン)ご献上

博多屋の荒療治のおかげで殿はすっかり女色に目覚めてしまった。
だが玄人で脱童貞したばっかりの野郎の哀しい性なのか、殿は清姫にいきなりご奉仕プレイを要求し、また大ゲンカ。
そりゃーだめだろ。これだから素人童貞はねえ。
すねた殿はサンドラを側室に入れて女体にワインたらしてなめなめプレイに溺れる。
それを目撃した清姫は激怒し、遂に絶交状態に突入。

一大事が解決してまた一大事!
2人の不仲が徳川御本家にバレたらヤバい、お家取り潰しになるかも…と窮地に陥った忠輝殿は、ふとお忍び中に庶民どものまぐあいを見てしまう。
そして「なぜ今まで私はこんな歓びに無知だったか」といわれもない逆恨みを抱き、家臣庶民へセックス禁止令を発令。
禁を破って一発やった罪人はチョン切られたり、女まで切腹の刑になるんだからたまらない。

殿の暴挙に城下は大混乱。
日々の営みを封じられた家臣は無気力で仕事にヤル気が起こらず、庶民はチンコのハリボテ担いで一揆を起こす。
大奥元締の藤波(三原葉子)と腰元軍団は「こんな有様の原因はあの南蛮女のせい!」と逆上し、サンドラを竹の鞭で折檻お仕置きする始末。

★正妻と愛人の合言葉はマ・ゴ・コ・ロ

そこへ現れたのが正義の味方の素浪人(山城新伍)。
正体は家老の息子・源太郎。色狂いが過ぎて殿に城を追放されたいわくつきの遊び人だ。
源太郎と女房(衣麻遼子)は得意の性技を武器に城内へ忍び込み、元凶である殿と姫の不仲を正すため、清姫に正しいエロ教育を施す(正しいってのもどうだが)。
性教育の効果で改心した清姫は何故かサンドラに、男女の交わりの極意は『マ・ゴ・コ・ロ』と教わり、心と心が通じ合って友情のレズキッス。

サンドラが♪ジュテーム、ジュテーム♪とド不安定な音程とたどたどしい日本語で歌う主題歌、『ジュテームはさよならの始まり』をBGMにして
菜の花畑で乳首丸出しでウフフアハハな姫とフランス娘。
頭いてえ。

お花畑も束の間、サンドラは殿を改心させるために捨て身の行動に出る。
なんとセックス禁止令で新妻を切腹刑させられ傷心の若侍(成瀬正孝)と、殿の寝所で御禁断のセックスをしたのだ。
当然行為は見つかり、サンドラは逆さ磔の刑に処せられる。

サンドラの死で己のバカさに気付いた忠輝殿は、遂にセックス禁止令を解く。
城下に下々のあえぎ声が満ちあふれ大団円。
殿と清姫も仲直りセックスでエクスタシー大団円。

だがしかし、そんな都合のいい大団円があるもんかー!
と真っ最中に忠輝殿はあわれ腹上死しましたとさ。
きれいにオチがついてジ・エンド。


★感想

懐かしの昭和色ボケお約束ギャグが、これでもか!これでもか!と見れます。
温泉街の片隅に今もひっそりありそうな、「夜の秘宝館」なんてネーミングされてそうな場末の性風俗ムードがむんむん香ります。

初夜で男を知らん姫様が床につくなり、股を開き棒読みで「早う参れ」とかw
童貞殿がセックスで腰振るリズムがわからず、家老に太鼓叩いてもらいながらやるとかw
葵の御紋入り張型セット御一式とかw
セックス禁止令で下々の男のちんちんに栓抜き模様のハンコを押していくとかw
往年の志村けんのバカ殿ばりのエロコントが延々と登場してうれしいかぎり。

さらに後半はクレイジーが加速。
禁を犯してセックスした若侍夫婦の新妻が切腹を命じられて腹をエイッと刺すと、♪パパパパ~とやたらバラ色なBGMが流れ、首をはねたら花火が上がるわ、
農民は肌色のリアルちんこ張りぼてを担いで一発やらせろ一揆を起こすわ、
とどめに鳳啓助・京唄子の濡れ場ありwww
昭和エロのアナーキーな活力を思い知りました。

サンドラ・ジュリアンは可憐系の顔で程よい美乳。日本人男性どストライクなルックスですね。
ワインプレイはじめ、男に女にいたぶられまくってました。
処刑シーンは本当に波打ち際に逆さ磔にされてザザーンと波にのまれてるという、体張った仕事もこなしてガッツあります。

個人的には誠実な家老の殿山泰司はもちろん、博多屋の渡辺文雄が味わい深くて良かった。
「迫害されて転びバテレンになった悪徳商人」ってディープな陰のある色悪設定がたまらん。
サンドラ・ジュリアンに日仏語ごった混ぜで説教してお仕置きする所が好き。

★昭和カオスが気になりまくりなインテリアの木

tokugawa2.jpg

最後に博多屋の南蛮屋敷のインテリアをご紹介。
レースのカーテンにカーマスートラの壁紙、白いラタンの室内ハンモック。
もちろんとどめにマストアイテム・バナナも忘れません。

江戸時代の屋敷にバナナなんかあるかって?
南蛮だからノープロブレム!なアバウト歴史観。ワンダフルじゃないか。
このカオス感覚こそ昭和!昭和なんだよ!

(了)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
No.064『戦国自衛隊』 | Home | No.061『愛の悪魔~フランシス・ベイコンの歪んだ肖像』
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。