No.072『極道戦国志 不動』

製作年:1996年
原作:谷村ひとし
監督:三池崇史
脚本:森岡利行
ジャンル:修羅の国のハードコアB級Vシネマ
注記:R-18指定バイオレンス映画

072.jpg

狙ってまっせー!テイスト丸出しでなーんにも頭使わなくて観れちゃう、ハッタリだらけの悪趣味シネマで名を馳せる三池崇史監督のステキな迷作。
正月ボケ気分に浸りたい時にぴったり。

主人公は谷原章介演じる「イケメン高校生のヤクザ組長」。
設定聞いただけでケツまであらすじがわかるわっかりやすくVシネ王道なストーリーに、苦笑必至なバカ悪趣味ガジェットがこれでもかー!とてんこ盛り。

バカ系映画といえ表現が時々グチョグチョに汚いので、生理的にグロ系汚系が苦手な方は、あらすじと感想を読んでから観るかどうか判断するのがおすすめ。
オチがばれても全く支障ない話ですし。
★予告編



下品エロ成分が少ないよ!谷原ヌードも無いし!
そそり度ではちょっと不満な予告。

★あらすじ(青字はネタバレあり

舞台は修羅の国北九州。
九州仁王会系暴力団の不動巌組長(峰岸徹)はライバルの夜叉組とトラブルを起こしてしまい、落とし前をつけるため長男を首チョンパする。
しかしその光景を小学生の次男・力ちゃんが目撃してしまったのだ…

10年後、高校生になった力(谷原章介)は頭脳明晰容姿端麗品行方正なお坊ちゃまだが、裏では不動組の若頭として修羅の街をシメていた。
それどころか父みたいな古いヤクザ社会を撲滅して、新しい極道社会の次世代のドンになる野望があった。
力は側近の女子高生ヒットマンコンビ・善財童子(釼持たまき)&観音寺ミカ(野本美穂)や、身長2Mのプロレスラー高校生・愛染明(高野拳磁)、小学生ヒットマン軍団などの手下を駆使して、仁王会の幹部ヤクザを次々と暗殺する。

暗殺の手口はどれも下品で節操が無い。
例えば観音寺ミカの副業はストリッパー。
舞台で大股広げて針入りの細筒を秘部に刺し、膣圧で飛ばして風船割る股芸が得意技。舞台で毒針も飛ばして客の組長を暗殺する。
んまぁー、げっひーん

そんななりふり構わぬ調子で敵対する者を殺しまくって、残るは夜叉組組長の能間大元(竹内力)のみ!となった時に峰岸徹パパが横槍を入れる。
パパはパパで能間組と手を組んで九州を牛耳るドンになる野望を抱いており、次世代ドンを目指す息子が邪魔なのだ。

★パパと妾息子vs本妻息子の因縁バトル

峰岸徹パパは朝鮮系(注:映画ママ)妾との子供で凄腕ヒットマンの権(新妻聡)を力の高校へ送り込み、力の側近達を次々襲撃する。
善財童子は教室で失禁しながら殺され、ミカは股芸中にステージに硫酸水風船を浴びせられ、愛染明はバイクで爆殺されかける(が、魔改造手術でサイボーグ化してご生還w)
とうとう力も襲われて、日本刀で応戦するが権の圧倒的パワーに吹っ飛ばされて絶体絶命!

そこへ助太刀が登場する。
高校の新任女教師の弥勒先生(神野毬絵)だ。
正体は関東から来たヤリ手組長。そして実は力の兄の恋人だった先生は、高校に潜入して夜叉組の動静を探っていた。
実は秘部から針だけじゃなくミラクル筋スジちんちんまで出せる(!)ミカと禁断の両性具有セックスを愉しみつつ、恋人殺しの復讐をする機会を狙ってたのだ。
権は弥勒先生にレーザー銃で射殺されて一件落着。

さあ、兄の首無し死体から吹き出す血で彫った
真っ赤な血染めの不動明王を背中に負って、不動力の復讐の刀が振り下ろされるぜ!

って訳でクライマックスはお約束通り峰岸徹パパの首を刎ね飛ばしてめでたしめでたし。
後日、峰岸の葬式の喪主を務める力のもとへ竹内力組長が不敵な笑みで弔問に訪れる。
今度のターゲットはお前だぜ!と両社睨み合うという、続編作りまっせー!が見え見えなシーンでジ・エンド。


★感想

小学生はUFOキャッチャーしながらヤクザ殺害!
生首でサッカー遊び!
女子高生は線路で立ちション!
男子高生は学校でケツにバイブ突っ込んでイジメ!
クール宅急便がお届けに上がれば、中身はミッキー・カーチスの生首!
お寺じゃフンドシホモがジジイヤクザ2人にご奉仕!
ガソリンスタンドで差し入れのコーヒーを飲んだら体中の穴から血ゲロ噴射して即死!

いやはや。
ベタで下品なエログロシーンがポンポン連発する一分の隙も無くモンド趣味狙い映画ですが、
ここまで清々しく「狙ってるぜー!」と宣言されると、生開きで半笑いした口がふさがりません。

本作は三池監督の劇場用映画デビュー作ですが、最初から粘液、粘液、粘液出しまくり。
10分に1回は上から下から何かを噴きだすか垂れ流すかしております。
好きなんですねぇ。

個人的な見どころはまず、ストリップ股芸シーンのBGMがプリンス。
プリンスって変態ストリップのBGMにするために作られたとしか思えないくらい、ファンクのうねりが下品な股芸にフィットしてます。

★曲者悪人の檻に投げ込まれた子羊・谷原章介に萌える

いい顔だらけの渋い曲者脇俳優陣。
下品なエロ要員を涼しい顔でこなすB級女優陣。
過激派Vシネらしい、やらしい面々に囲まれてデビュー間もない初々しい谷原章介が美青年すぎてひとり浮いてます

メンズノンノモデル上がりなおっとり爽やかな正統派美形の谷原さんが、ヤクザスーツを着て強面ヤクザをずらりと従え、竹内力や峰岸徹に真正面からガンを飛ばされる。
てっかてかのオールヌードにさせられ、観音寺ミカ相手にバックで腰を振る演技をさせられる。
プロレスラーの高野拳磁やキックボクシングチャンピオンの新妻聡との本物達相手のハードアクションをまともに受けて、へなちょこな殺陣で応戦させられる様は、猛獣の檻に投げ込まれ蹂躙される生贄の羊です。

似合わねーことこの上無さすぎていたいけで萌える
切れ者若頭には到底見えませんが、『静かなるドン』系「隠れヤクザ」作品の醍醐味である「ええっ、この人がヤクザなんて!」の「ええっ」度では誠に適役でありました。

あと竹内力がまだ若くて、トレンディ俳優www時代の面影が残ってる頃で目がちょっと可愛いw
谷原章介と並ぶシーンは顔のパーツだけ見たらアイドル対決みたいでした。

(了)
関連記事
スポンサーサイト
テーマ: 映画感想 | ジャンル: 映画
No.073『TOKYO-POP』 | Home | No.071『サイレンス』